愛する地域と共感する事業で選ぶプロジェクト型兼業・プロボノweb

【参加・体験型プログラム開発!】これまでのスポーツとはちょっとちがう。これからの時代に必要とされる新しい形の“スポーツ”を一緒に開発する仲間を募集します。 |ふるさと兼業

岐阜県

【参加・体験型プログラム開発!】これまでのスポーツとはちょっとちがう。これからの時代に必要とされる新しい形の“スポーツ”を一緒に開発する仲間を募集します。

  • 時計アイコン2年前
  • 閲覧数アイコン1,294 view

募集は終了しました

【参加・体験型プログラム開発!】これまでのスポーツとはちょっとちがう。これからの時代に必要とされる新しい形の“スポーツ”を一緒に開発する仲間を募集します。

プロジェクトについて

【私たちHIMARAYAについて】
スキーが商売としておもしろそうだ。
そんな創業者のひらめきで1976年にたった8坪の「スキープロショップ岐阜ヒマラヤ」が岐阜市美江寺町に生まれ、その後たくさんのアイディアと行動力で全国に約100店舗、ネット販売では業界屈指の規模まで成長したきたスポーツ総合小売企業です。

 

【プロジェクトを立ち上げた背景】
創業から間もなく50年を迎えます。
その間に時代も進み、生活様式や世界にまたがる社会的課題も大きく変わってきています。

自分らしさを大切にし、そして同時に人と地球にも優しく
人間性と環境を同時に大切にすることがより求められています。
スポーツの世界を見ても、社会的課題に声をあげ、勇気ある行動に移すトップアスリートが増えているように、こうしたうねりは世界中の人々にすでに広がりはじめています。

とても難しい課題である一方で、スポーツを事業の中核に据える私たちにとって、とてもやりがいのあるテーマであり、またチャンスでもあると考えています。

スポーツ小売業に留まることなく、社会的課題に対して「スポーツする環境づくり」と「スポーツすることを続けられるようにサポートする」ことを通じて向き合っていきたいと考え新たな事業開発を進めています。

Sustainable Sporting Life 事業の取り組み

 

【「スポーツする」ことについて考えました】
「スポーツする」と言うと、どこでもできて、子供から大人まで沢山の人が楽しんでいると想像される方も多いかと思います。

でも少し身の回りを気にして見てみてください。

公園を含む公共施設や街中の至る所に「ボール遊び禁止」「大きな声をだして遊ぶの禁止」など、なんとも首を傾げたくなる禁止看板がいくつも設置されています。
それだけではなく、少なくとも私が子供だった時代であれば家の前でよく遊んだ、なんていうご経験をお持ちの方も多いはずです。
でも、そうした光景を今の生活の中で目にすることは極めて稀になっているように思うんです。

やってはいけないこと」ばかりが増え、「こうしたらもっとおもしろくなる!楽しくできる!」といったユーモアとイマジネーションをもって日々の生活や未来のライフスタイルについて思考を巡らせる隙すらない状況に危機感を感じています。

 

一方で、同じように問題意識と危機感を共有してくださる方が各方面にいらっしゃるのも事実です。
例えば、市町の中で使えそうな場所を提案してくださる行政の方、一緒にやろう!と言ってくださる民間企業の方などです。
共感してくださる方々と一緒になって堂々と思いっきりおもしろいことやろうじゃないか!というのが今回の募集のテーマであります。

 

では「スポーツするとは?」という問いを自問すると、
いろいろな解釈や説明ができると思うものの、一つの考え方として
「スポーツする」=「自己表現」と広義の意味として捉えることができると思っています。

スポーツは自己表現”とすると、その他の音楽、アート、映像、写真、ものづくり、誰にも負けない知識や技術、なども同じように自己表現のツールだと言えないでしょうか。

リスキリングという言葉を聞く機会が増えているように、経済活動から要求されるスキルに自分を合わせることばかりが求められる世の中に向かっています。
その様な時代だからこそ、自己表現のツールや手段を学ぶ場所、経験する場所、同じような仲間を見つける場所、また全く自分とは異なるけどおもしろい人を見つける場所がもっと必要なんです、絶対に。

 

そうしたことができるプログラムと場所を一緒になって考え作ってくれる仲間を募集します。

「自分はこんなことができる!」「仲間と一緒ならこうできる!」
そんな風に思える人たちが増えて、独自のやり方で社会的課題に立ち向かっていくことができれば、
きっと、もっともっとユーモアとイマジネーションが溢れる持続可能な社会に一歩近づけると信じています。

 

【開発を目指すプログラムの骨子】
スポーツ、アウトドア、ストリートスポーツ、アート、ミュージック、映像、テクノロジーなど様々な専門領域の要素を組み合わせた参加・体験型プログラムを開発したいと考えています。
イベントの様に、単発その場限り、といったものではなくしっかりと一定期間継続して参加できる形を目指すことで持続可能な事業を実現します。

【プログラムを通じて提供したいこと】
「正解を教える」「上手くやれる方法や手順を教える」「受験に役立つ」といったものではなく、
参加者それぞれの気づきや達成を一緒になって楽しみ、称えるようなものを目指します。
言うなれば、“プロセスが毎回違う”、“人によって達成が違う”、そんな過程と結末を皆が“それでいいじゃないか!”と思えるものにしたいです。

【プログラムの参加対象者】
子ども、大人、家族、友人同士、会社同僚など幅広く対象を検討していきます。
プロジェクトを進行する中で「誰に向けてのサービスなのか」から考えていきます。

【使えるフィールド】
・主に岐阜県内の公園やキャンプ場
・HIMARAYA社内に設置する「427 Sports Advocators’ Library

【プログラム例】
スポーツと化学反応が起きそうなことであればなんでもOK

例えばの考え方として・・・
 決定的瞬間を捉えて表現しよう!
 アートと音楽でスポーツはもっと楽しくなるか?!
 スポーツで学ぶ物理!
 科学でキャンプを分解!
 とにかくすごい人(達人・名人)がいるので紹介したい、
 自分がすごい人だ!なんて言うのもあり。

*どうすればスポーツと融合できるかについて具体的にアイディアがなくても大丈夫です!ディスカッションを通じて必ず化学反応を起こします!

プロジェクトが目指すこと

スポーツ、アート、音楽、そのほかいずれも全て自己表現のツールである一方で、
それぞれがお互いに交わる機会は少なく、分断されたものとして学校で学び、
社会でもそれぞれが独立して表現される機会が多い様に感じています。

そうではなくて、色々な要素がミックスされることで起こる化学反応を楽しみ
新しい仲間や新しい興味関心と出会う機会となるプログラムを開発、提供していくことを目指します。

 

こうした独自のプログラムを開発することで、今後、各地域行政機関や民間企業さま等と連携し、
実施できる場所とプログラムの提供機会を全国に拡大していくことを目指します。

プロジェクトパートナー

【プロジェクトリーダー】

HIMARAYA 取締役SSライフデザイン事業部長 小森一輝
岐阜市生まれ。学生時代は単身アメリカで過ごす。岐阜でブームとなったインラインスケートがスポーツとの出会い。高校・大学はアイスホッケーの日々。
少しだけユニークな経験から得た感性で新しい時代に必要とされるスポーツの形を広げる活動を行っている。

【チームメンバー】

募集要項

仕事内容
スポーツ、アウトドア、ストリートスポーツ、アート、ミュージック、テクノロジーなど様々な専門領域を活かしたプログラム開発・提供を一緒に取り組んで頂きます。

STEP1:参加型・体験型プログラムの企画
→HIMARAYAの思い、実現したいことをあらためて共有した上で、アイデアをプログラム企画として一緒にブラッシュアップしていきます。

STEP2:実際のプログラム開発&実行
→企画を形にするために必要なリソースの調達、事業計画づくりを共に行い、実際にプログラムを試行していきます。
期待する成果
STEP1:企画完成
(企画の有効性を検証するうえで一般の参加者を募集できる完成度)
STEP2:プログラムの開発・提供を実際に行う
(期間内ではプログラム試行ができる段階までが目標)
得られる経験
・各専門領域の方やアイディアと出会うことができます
・各専門領域が融合することから生まれる化学反応を楽しむことができます
・自身のアイディアを実証する機会となります
対象となる人
・我々の想いに共感する・問題意識を持っている人
・専門領域の価値をいろいろなかたちで表現したい人
・新しい付加価値を社会に生み出していきたい人
・やってみたい事が具体的にある人
・ポジティブに物事をとらえることが出来る人
・コミュニケーション・チームワークが取れる人

歓迎スキル:
・教職員や各種インストラクターなど教育・指導の現場経験・資格を有している方
・企画関係のプロジェクト実務経験をお持ちの方

募集人数:1~数名
活動条件
▼プロジェクト実施期間
6か月間(予定)

▼活動方法
週1日2時間ほどの対面orオンラインMTG
打ち合わせ内容に応じて次週までにお互いに宿題を解決するよう準備を進めます。
実際にプログラムを実施する場合には事前準備~本番まで現地でご一緒いただきます。

▼知的財産権の取り扱いについて
応募される企画内容については、採用、不採用問わず知的財産権を将来にわたって放棄したものとし、権利の主張を行わないことに合意されたものとします。

▼選考方法・選考スケジュール
エントリー時に今回のプロジェクトに関してアイデア案・類似のご経験を志望動機等でお伝えください。
【選考について】--------------------------------------------------------
応募者多数の場合、書類選考を実施いたします。
・スケジュール
 ◆エントリー締め切り:1月16日(月)
 ◆17日頃、書類選考のご案内をいたします
 ◆【1】書類選考→【2】企業面接→【3】合否通知

・書類選考の結果通知について
 1月末までに結果のご連絡をいたします。

・書類選考
 ◎マイページの記載内容(ご経歴、スキル、経験など)
 ◎エントリー時の志望動機の内容
 上記2点で書類選考をさせていただきますので、今回のプロジェクトに関してアイデア案・類似のご経験等も志望動機にご記入ください。
------------------------------------------------------------------------
給与/待遇
兼業、プロボノを募集しています。

兼業の方は、月額 5万円(交通費別)の謝金をお支払いする予定です。
ただし実働量や内容・成果によって、途中での見直しも想定しています。
各種手当て、福利厚生
▼諸経費の取り扱いについて
交通費・プロジェクトにかかる経費は会社負担

▼保険について
弊社が手配する傷害保険に加入頂きます(会社負担)

▼福利厚生
特になし
募集終了日
2023年1月16日(月)
ふるさと兼業では、募集要項に特段記載がない限り、通常2営業日以内に担当よりご案内申し上げます。
メールの設定により、ふるさと兼業からのメールが届かない場合がございます。
もしメールが届かない際は、迷惑メールフォルダをご確認くださいませ。
また、ドメイン指定受信を設定されている場合は「furusatokengyo.jp」を許可していただくようお願いいたします。
万が一2日以内に連絡がない場合は、お手数ですがふるさと兼業事務局([email protected])までお問い合わせいただきますよう、よろしくお願いいたします。

担当地域パートナーからの推薦ポイント

NPO法人G-net 木村亮介
関わっていただく方のアイデアや経験を、全国規模のHIMARAYAのリソースと掛け合わせ、次の時代をリードするようなプログラムを生み出していく。これは関わる方自身の自己表現であり自己実現につながる大きなチャンスでもあると思います。
リーダーの小森氏は、ロジカルな判断力と情熱溢れるチャレンジ精神で、新しいことをどんどん仕掛けていくパワーがある方なので、様々なアイデア・個性との化学反応によって面白いものが生まれそうなことにワクワクしています。
お問い合わせ先 : [email protected]
/058-263-2162

団体の紹介

スキーが商売としておもしろそうだ。
そんな創業者のひらめきで1976年にたった8坪の「スキープロショップ岐阜ヒマラヤ」が岐阜市美江寺町に生まれ、その後たくさんのアイディアと行動力で全国に約100店舗、ネット販売では業界屈指の規模まで成長してきたスポーツ総合小売企業です。

団体情報

団体名
株式会社ヒマラヤ
代表者名
代表取締役 小森裕作
設立
1991年
従業員数
約700名
事業内容
スポーツ総合小売
WEB
https://www.hmry.jp
住所
岐阜県岐阜市江添1−1−1
アクセス
JR西岐阜駅より徒歩10分
  • 東京都 観光業界の課題解決プロジェクト特集
  • お試し事業承継
  • ふるさと兼業ソーシャルビジネス支援プログラム
  • ”旅×ふるさと兼業”特集
お問い合わせアイコン お問い合わせ状況

2024年06月21日
東京都の企業様より、事業連携のお問い合わせをいただきました。

2024年06月25日
宮城県の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2024年06月07日
石川県の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2024年04月08日
三重県の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2024年02月26日
宮城県の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2024年03月18日
徳島県の団体様よりお問い合わせをいただきました。

2024年03月28日
東京都の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2024年03月14日
福岡県の地方公共団体様より、お問い合わせをいただきました。

2024年03月06日
熊本県の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2024年03月04日
東京都の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2024年03月01日
北海道の地方公共団体様より、お問い合わせをいただきました。

2024年02月28日
愛知県の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2024年02月19日
三重県の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2024年02月07日
東京都の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2024年02月01日
東京都の企業様より、取材のお問い合わせをいただきました。

2024年03月21日
東京都の企業様より、取材のお問い合わせをいただきました。

2024年02月01日
青森県の大学シンポジウムでの講演依頼をいただきました。

2023年12月28日
東京都の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2023年12月22日
神奈川県の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2023年12月22日
愛知県の企業様より、お問い合わせをいただきました。

  • 自治体・金融機関向け関係人口サポートプログラム
  • 運営会社について
  • 地域パートナー
  • HRアワード2021