愛する地域と共感する事業で選ぶプロジェクト型兼業・プロボノweb

人の役に立ち、喜ばれ、笑顔になれる世の中に。 『人を助ける印刷屋さん』の広報メンバーを募集! |ふるさと兼業

愛知県

人の役に立ち、喜ばれ、笑顔になれる世の中に。 『人を助ける印刷屋さん』の広報メンバーを募集!

  • 時計アイコン1年前
  • 閲覧数アイコン788 view

募集は終了しました

人の役に立ち、喜ばれ、笑顔になれる世の中に。 『人を助ける印刷屋さん』の広報メンバーを募集!

プロジェクトの特徴

募集は終了しました

プロジェクトについて

≪実践後の声を取材、YouTubeで紹介しています!≫

 

 

※本プロジェクトは、「新しい働き方会議2021」出展プロジェクトとなります。
 9/25(土)に開催する「新しい働き方会議2021」後、選考がスタートします。
オンラインでのマッチングイベントになりますので、是非エントリーと合わせてご参加いただけますと幸いです。
 ★選考スケジュールの詳細については、下部の「活動条件」欄に記載しています。ご確認ください。

 

 

太美工芸株式会社(たいびこうげい)は、特殊印刷専業の老舗印刷会社です。
世の中に多くの製品を送り出していますが、受注下請け企業なので、裏方の黒子に徹しています。
でも、もっと私たちの技術を広く知っていただきたいと、2014年から、自社オリジナル製品の企画製造にも着手し、製造業でありながら、DtoCに初挑戦してきました。

 

△印刷の様子

 

とはいえ、社員14名のほとんどが技術専門職です。ECサイトは、社長ひとりで細々とこっそりと運営していました。
そこに、コロナ禍です。


水以外なら何にでも印刷できる私たちの特殊技術を活かして、今のこの世の中にお役に立てる商品づくりができるのではないか、ならば、つくっていこう!と、社外の経営者仲間やクリエーターたちとコラボして、オリジナル商品を次々と企画、ECサイトでの商品数も現在122品目に増えました。今後も、増やしていく計画です。

 


ですが、長年、裏方の黒子としてやってきた会社です。ものづくり・特殊印刷技術には自信があっても、それを広く伝える・拡げる、広報宣伝の力はありません。ECサイトの運営もサイト構築も強化したいと日々試行錯誤を繰り返しています。

 

昨年は、その試行錯誤の一環として大企業の人材を期間限定でプロボノで受け入れました。
それまでは半ば惰性で働いていた社員が、プロボノ人材が懸命に取り組む姿勢を間近で見て「この人たちがこんなに頑張っているのだから、自分たちにだってできる」と火が付きました。


今年の初めには「人を助ける印刷屋さん」として通販ショップを定義し、ショップの拡充や商品の展開に取り組んできました。売上は徐々に上向き順調に伸びてきていますが、伝える・拡げる力が無いために事業化まであと一歩という所で伸び悩んでいます

 

そこで、『人を助ける印刷屋さん』の一員となり、広報・PR活動をしてくれる仲間を募ります
ものづくりや特殊印刷に関心がある方、商品企画に興味がある方、クリエーターとして参加したい方なども歓迎です。

プロジェクトが目指すこと

コロナ禍により、私たちの生活は変わってきました。

同時に、日々の生活の中で、ちょっとした不満やお困りごとが増えています。

 

たとえば、宅配利用が増え、非接触での受け渡しも増えました。インターフォンを押してほしい・押してほしくない、置き配にしてほしい・してほしくない、置き配もどこに置いてほしいか、場所もさまざま。置き紙を使ってほしい・使ってほしくないなどなど、宅配ひとつでも、荷物を受け取る側も届ける配達員も、意思の疎通に小さなズレが生じ、それが互いにストレスとなっています。


感染防止対策も同様で、多くの人が利用するトイレの使用法、手洗いの徹底、公共の場での履き物の並べ方、ソーシャルディスタンスの距離の開け方など、個々人の認識のちょっとしたズレが、小さなストレスとなり、それが積み重なると、ストレスも大きくなってしまいます。

 

そんな不満やお困りごとが解決できるステッカーやプレートを、私たちの特殊技術を活かして展開しています。

 

 

このように世の中の不満や困りごとが少しでも解決できる、社会のお役に立てる商品づくりを心がけています。私たち『人を助ける印刷屋さん』の趣旨に賛同・共感してくれる仲間の輪を広げたい。そして日々の生活がより良く、朗らかになっていくことを目指します。

 

また社内においては、このプロジェクトをきっかけに、受注下請け気質の会社組織を攻めの姿勢も持ち合わせた企業へと成長させたいと考えています。

現在の生産ロットは、経験の少なさから細々と作っては売るを繰り返す状況です。今回のプロジェクトでは、この状況からの脱却を目指し、例えば量産ロット1000枚を生産して売り切る経験を積みたいと考えています。そして事業として確立できることを示したいです。

その経験は、社員に「やればできる、限界を超えられる」という意識の変化が生まれると考えています。


その変化を感じるためには、収益性を高める為の量産計画集客性を高める為の広報活動の2つが必要だと考えます。

プロジェクトパートナー

太美工芸株式会社の2代目社長の野田哲也と店長の只野が中心となりプロジェクトを進めます。


■野田哲也プロフィール
名古屋市生まれ。大学卒業後、同業者での修行を経て2004年4月に入社。
2015年11月に代表取締役社長に就任。世の中の困りごとを解決する印刷会社として、ネット通販事業の推進に力を入れる。
高校時代まではバスケットボール部、大学時代にはワンダーフォーゲル部に所属。
現在の趣味は、日本100名城スタンプラリーに挑戦中、しかしコロナ禍で全国各地への登城が出来ず涙。そのため今は、Instagramを飲酒タグラム化して楽しんでいます。

募集要項

仕事内容
【STEP1】オリエンテーション(太美工芸の特殊技術&自社製品についての理解)
【STEP2】ECサイト、Webサイトの課題や今後の広報案、ロードマップ作成
【STEP3】メディアリストの洗い出し、メディアへのアプローチと対応
【STEP4】ECサイト、Webサイトの強化、コンテンツの作成
【STEP5】振り返りミーティング&方針策定
期待する成果
・人の役に立ち、喜ばれ、笑顔になれる世の中に。との趣旨に賛同・共感する仲間の輪が広がること
・メディアリレーション効果による
 -販売サイトへの流入数増加
 -期間内に1000個販売
(・ECサイトの強化、Webサイトの充実、販路拡大)
得られる経験
・製造業・特殊印刷の学びと経験
・DtoCのECサイト運営の実践経験
・広報業務の実践経験、情報発信力
・メディアリレーション能力
・世の中のニーズやお困りごとに気づくアンテナ感度
 その解決策を思考し形にする企画力・販売戦略
対象となる人
ご応募の中から2-3名の方を採用します。

【必須条件】
・人を助ける印刷屋・太美工芸に共感し、情熱的にプロジェクトにコミットできる。
・SNSやウェブ会議ツールを用いて、円滑なコミュニケーションを図ることができる。
・挑戦意欲があり、行動力がある。

【歓迎条件】
以下のようなスキル・興味を持ってコミットいただければありがたいです。
・商品PR、メディア対応が得意な方、興味がある方。
・プレスリリースの経験がある方、ライティングが得意な方
・チームのディレクションが得意な方、興味がある方。
活動条件
------------------------------------------------------------------------
「新しい働き方会議2021」出展プロジェクト 選考スケジュールについて

このプロジェクトは、2021年9月25日(土)に開催される「新しい働き方会議2021」出展プロジェクトになります。
そのため、選考スケジュールが下記のようになりますのでご確認ください。
◆エントリー〆切日:9月29日(水)
◆選考スケジュール:【1】書類選考→【2】企業面接→【3】合否通知
 ※担当コーディネーターがサポートします。
◆書類選考の結果通知について
 エントリー〆切日より1週間を目途に結果のご連絡をいたします。
 応募多数の場合、通知までにお時間をいただく可能性がございます。(その際はご連絡いたします。)

<書類選考について>
◎マイページの記載内容(ご経歴、スキル、経験など)
◎エントリー時の志望動機などの内容
上記2点で書類選考をさせていただきますので、十分にご記入いただきますようお願いいたします。
※応募状況により、選考方法の順番や要する期間が変わります。
※エントリー時は「オンライン面談が可能な日・時間帯」欄の記載は不要です。
------------------------------------------------------------------------

【活動予定期間】3か月
【活動目安時間】週6時間程度 ※応相談
【活動方法】
・リモート
・週1程度でオンラインミーティングを設定します。(夕方~夜)
※希望があれば実地訪問可能です。
給与・待遇
報酬額:2万円/月
※業務委託契約にて契約予定。
福利厚生・手当て
実地訪問・実働の際の交通費・宿泊費
募集終了日
2021年09月29日(水)
ふるさと兼業では、募集要項に特段記載がない限り、通常2営業日以内に担当よりご案内申し上げます。
万が一2日以内に連絡がない場合は、お手数ですがふるさと兼業事務局(info@furusatokengyo.jp)までお問い合わせいただきますよう、よろしくお願いいたします。

団体の紹介

団体情報

団体名
太美工芸株式会社
代表者名
野田哲也
設立
1979年10月6日
従業員数
14名(内役員2人)
資本金
10,000,000円
事業内容
スクリーン印刷を核とした特殊印刷加工会社 特に屋外耐候性を必要とする業務用途のステッカー製作を得意としています。
業種
スクリーン印刷業
WEB
https://taibi.co.jp/
住所
愛知県名古屋市西区中小田井2-75-2
アクセス
名鉄犬山線 中小田井駅 徒歩8分
  • 自治体・金融機関向け関係人口サポートプログラム
  • 石川県がフィールドの副業プロジェクト特集
  • コロナ禍の影響を受ける若者支援プログラム
  • 愛知県名古屋市 中小企業の課題解決プロジェクト特集
  • 愛知県豊田市がフィールドの副業・兼業プロジェクト
  • お試し事業承継
  • ふるさと兼業ソーシャルビジネス支援プログラム
  • つながるキャンパス中核メンバー募集特集
  • 【東海・北陸】新しい働き方会議2022特集ページ
  • 東京都の観光協会でのプロボノプロジェクト特集
  • 【Yogibo×ふるさと兼業】兼業副業プロボノ プロジェクト特集
  • ”旅×ふるさと兼業”特集
お問い合わせアイコン お問い合わせ状況

2022年12月01日
愛知県の業界団体様より、お問い合わせをいただきました。

2022年10月26日
岐阜県の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2022年11月14日
福島件の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2022年10月28日
愛知県の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2022年07月30日
愛知県の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2022年07月19日
東京都の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2022年07月19日
奈良県の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2022年07月15日
行政機関より、お問い合わせをいただきました。

2022年07月12日
愛知県の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2022年05月13日
愛知県の団体様より、お問い合わせをいただきました。

2022年04月14日
東京都の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2022年04月08日
愛媛県の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2022年05月03日
三重県の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2022年05月12日
兵庫県の団体様より、お問い合わせをいただきました。

2022年04月07日
岐阜県の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2022年03月28日
東京都の企業様より、お問い合わせをいただきました

2022年03月09日
徳島県の団体様より、お問い合わせをいただきました。

2022年03月03日
福岡県の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2022年02月28日
宮城県の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2022年02月28日
東京都の企業様より、お問い合わせをいただきました。

ランキングアイコン アクセスランキング

全国で活躍するプロ和太鼓集団が拠点とする東栄…

愛知県

【SNS/マーケティング】「ウェルネス×工芸…

石川県

存在意義は「美しさ」。
尾張七宝の創り…

愛知県

組織固有のらしさを伝える、採用ツール企画・制…

愛知県

【デザイナー募集!】障がい福祉業界が「攻めの…

愛知県

9.3万人と創る!夫婦やカップルのパートナー…

東京都

SNSで八丈島のファン拡大!観光資源があり過…

東京都

「ものづくりのまち」大田区町工場の連携で、取…

東京都

【詩人・アーティスト募集】森の呼吸を感じて木…

愛知県

最先端の酪農の世界を覗きに来てみませんか?デ…

青森県
  • 自治体・金融機関向け関係人口サポートプログラム
  • 運営会社について
  • 地域パートナー
  • HRアワード2021

同じテーマの
プロジェクト SIMILAR PROJECT