愛する地域と共感する事業で選ぶプロジェクト型兼業・プロボノweb

【土木×新規事業】外構工事部門を立ち上げ、地域の家庭の安心安全を守る |ふるさと兼業

岩手県

【土木×新規事業】外構工事部門を立ち上げ、地域の家庭の安心安全を守る

  • 時計アイコン1年前
  • 閲覧数アイコン951 view

募集は終了しました

【土木×新規事業】外構工事部門を立ち上げ、地域の家庭の安心安全を守る

プロジェクトについて

岩手県釜石市の地域の建設会社が新規事業を開始します。

いままで公共工事で培ってきた土木の技術を活かして、地域の個人住宅の外構の整備を行います。 地域のインフラを守る会社から、ひとりひとりの暮らしも守る会社へ。小さな一歩をともに歩む兼業者を募集します。

 

地元の建設会社「青紀土木」は2023年に外構工事部門を立ち上げます。

外構とは住宅の敷地内に設置された門、車庫、カーポート、塀、柵、垣根、などを指します。 雨や風、地震などで劣化しやすく、定期的なメンテナンスを行う必要があり、劣化したものをそのままにしておくと近隣トラブルや、高齢者の怪我などに繋がります。

 

今までも青紀土木では、問い合わせがあれば個人宅の外構の工事を行っており、公共工事で培ったノウハウを活かして、施工を行っていましたが、2011年以降は特に復興関連の工事で人員が割けず、積極的な展開はしていませんでした。

 

▼以下は青紀土木が行った工事の前後

(工事前の状態を放置すると、地震や大雨等で家が崩れる可能性があります)

 

 

プロジェクトが目指すこと

しかし2023年、復興関連の公共工事が終息したこともあり、新しく本格的に地域の個人むけ外構工事事業を開始することになりました。

今までも施工したご家庭からは高い評価を頂き、リピート率も高く、近所の家庭を紹介してもらえることも多くありました。

地域の建設会社が工事をすると、機材などを新しく調達する必要がなく、工事車両などの移動も少ないことで、費用も抑えられ、他の設備会社との連携もスムーズなこともあり、ユーザーへのメリットも多くあります。 何より地元の会社が責任を持って工事するから安心と信頼が違います。

 

 

 

しかし一方で、いままでは公共事業や大手鉄道会社などをクライアントとしていたため、社内にいわゆるマーケティング経験のある人材はいません。

近くで同時期に複数個の工事があると効率がいいので、まずは釜石市をいくつかのブロックに分けて、チラシのポスティングを行うことは決まりましたが、その後にPDCAを適切に回すノウハウが足りていないのが現状です。

 

そこで今回は兼業で、この事業の立ち上げフェーズを一緒に活動する仲間を募集します。

マーケティングといっても、地域性が強い事業なので、いまのところ専用のWebページはつくらず、社内での運用ができるように、チラシとLINEアカウントでのスモールスタートを考えています。

(WebはすでにWebマーケ会社が全国対象の一括見積りサイトを運営しており、青紀土木は釜石市周辺だけをターゲットとするため、同じフィールドで戦うのは得策ではないと考えています)

 

そのため兼業者の条件として、マーケティングの専門家ということ以上に、地域の会社と一緒に地域の顧客のことを考えて、一緒に仮説検証をしていく、「寄り添い系」の兼業者を募集します。

 

最初に現地に来てもらい、地域の特性や会社の歴史を感じてもらいます。

その後に現在のチラシをもとに、ポスティングするエリアの選定や、LINEや電話を使った応募導線の設計、顧客とのコミュニケーションなどを青紀土木の社員の方と連携して組み立ててもらいます。

その後、3ヶ月間で事業のPDCAを一緒に回し、一緒に活動する社員への引き継ぎまでをしてもらいます。(プロジェクトの期間は延長する可能性もあります)

プロジェクトパートナー

青紀土木は岩手県の沿岸、釜石市にある建設会社です。

1980年に創業し、40年以上もの間、道路や橋を整備したり、老朽化した水道管を交換したり、側溝の土を取り除いたりという、私たちの目に見えないところで地域のインフラを支えてきました。

 

あなたは東北新幹線に乗ったことはありますか? スマホの電波が届かないと毎度イライラする、あのトンネルの整備も青紀土木が担っています。

インフラの守り手から、ひとりひとりの暮らしの担い手に。 一緒に歩みをすすめる方をお待ちしています。

募集要項

仕事内容
地域の土木会社の新規事業、家庭の安心安全を守る挑戦

●STEP1【開始~1ヶ月目】
会社・業務理解+現場を知る+既存のBtoC事業理解促成
・社長・社員の方から会社の取り組み・考えや、地域への影響を学び企業理解を深める
・現場での実際の仕事見学を行い、業務理解と今後の活動について整理
・2ヶ月の仮説、実行計画を策定

●STEP2【2ヶ月目~3ヶ月目】
・計画に基づいて、チラシ配布エリア、内容、問い合わせまでの導線を整備
・必要に応じて、LINE、フェイスブック、プレスリリースなどを実施
・週に1回程度のZOOM打ち合わせ

●STEP3【3ヶ月目】
・テスト結果の取りまとめ
・今後半年間の事業タイムライン策定
・社員への引き継ぎ
期待する成果
・直近の計画策定と実行
・現在のチラシをもとにして、広報物のブラッシュアップ
(チラシやLINE、フェイスブック、プレスなどを想定)
・今後1年間の事業タイムラインの策定

≤3ヶ月後のGOAL≥
・会社の担当者が複数人で考えて事業を継続的に改善できる状態
得られる経験
・地域経営者のもとで、地域密着の事業を立ち上げる経験
対象となる人
(1)求められる人物像
 ・顧客のことを第一に考え、素直に向き合える人
 ・変化やチャレンジを前向きに捉え、楽しめる人
 ・自ら学び自ら考え行動できる人
 ・地域とスピード感を合わせてPDCAを回せる人
 ・チームメンバーと助け合える人

(2)以下の方を特に歓迎します
 ・マーケティング業務に関わったことがある人
 ・新規事業開発に関わった事がある人
活動条件
■ 契約期間:2023年4月~2023年6月末日(その後も3ヶ月更新可能性あり)
■ 勤務スタイル:テレワークを前提(社会情勢により、変化あり)
※4月ころをめどに一度現地に来て打ち合わせ、視察などを想定
■ 勤務日数:要相談
■ その他の条件:週に1回程度のオンラインミーティングで情報共有を行います
給与/待遇
月額3〜5万円(経験や関わり方などで要相談)
※交通費、宿泊費等の活動に関わる費用は別途支給
各種手当て、福利厚生
釜石に来た際には、一緒に最高の海の幸を食べにいきましょう。
活動場所
本社:岩手県釜石市鵜住居町6-20-1
TEL.0193-55-5551
※オンラインでの活動がメインとなります
(チャットツール、ZOOM等を使用予定)
募集終了日
2023年3月5日(日)
ふるさと兼業では、募集要項に特段記載がない限り、通常2営業日以内に担当よりご案内申し上げます。
メールの設定により、ふるさと兼業からのメールが届かない場合がございます。
もしメールが届かない際は、迷惑メールフォルダをご確認くださいませ。
また、ドメイン指定受信を設定されている場合は「furusatokengyo.jp」を許可していただくようお願いいたします。
万が一2日以内に連絡がない場合は、お手数ですがふるさと兼業事務局([email protected])までお問い合わせいただきますよう、よろしくお願いいたします。

担当地域パートナーからの推薦ポイント

株式会社パソナ東北創生 林 光人
青紀土木さんは地域の土木会社として、地域インフラを支えながら、災害時には復旧のために誰よりも最前線で活動したり、福祉実験ユニット「ヘラルボニー」とコラボしたりと多彩な顔を持ちます。
そんな青紀土木の新しい取り組みをご一緒いただける方を募集します。


(ぜひ読んで頂きたい青紀土木さんの記事を載せておきます)

▼重機に障害者アート 釜石東中、「共生」学ぶ特別授業(毎日新聞)https://mainichi.jp/articles/20210605/ddl/k03/100/029000c

▼釜石市、ある建設業者の物語(esquire)
https://www.esquire.com/jp/culture/column/a36862735/tohoku-memoirs-the-story-of-a-construction-company-in-kamaishi/
お問い合わせ先 : [email protected]
/080-3093-9520

団体情報

団体名
株式会社 青紀土木
代表者名
青木 健一
設立
昭和54年1月
従業員数
39名(男性33名/女性6名 )
資本金
20,000,000円
事業内容
①土木その他建設工事全般に関する測量、設計、施工
②鉄道土木全般に関する施工、維持管理 
③企業の外構工事及び修繕工事 
④一般住宅、集合住宅の外構工事及び修繕工事
⑤森林管理に関わる全般
業種
建設業
WEB
https://www.aoki-doboku.com/
住所
〒026−0301 岩手県釜石市鵜住居町6-20-1
アクセス
三陸鉄道鵜住居駅より車7分
  • 東京都 観光業界の課題解決プロジェクト特集
  • お試し事業承継
  • ふるさと兼業ソーシャルビジネス支援プログラム
  • ”旅×ふるさと兼業”特集
お問い合わせアイコン お問い合わせ状況

2024年06月21日
東京都の企業様より、事業連携のお問い合わせをいただきました。

2024年06月25日
宮城県の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2024年06月07日
石川県の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2024年04月08日
三重県の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2024年02月26日
宮城県の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2024年03月18日
徳島県の団体様よりお問い合わせをいただきました。

2024年03月28日
東京都の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2024年03月14日
福岡県の地方公共団体様より、お問い合わせをいただきました。

2024年03月06日
熊本県の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2024年03月04日
東京都の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2024年03月01日
北海道の地方公共団体様より、お問い合わせをいただきました。

2024年02月28日
愛知県の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2024年02月19日
三重県の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2024年02月07日
東京都の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2024年02月01日
東京都の企業様より、取材のお問い合わせをいただきました。

2024年03月21日
東京都の企業様より、取材のお問い合わせをいただきました。

2024年02月01日
青森県の大学シンポジウムでの講演依頼をいただきました。

2023年12月28日
東京都の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2023年12月22日
神奈川県の企業様より、お問い合わせをいただきました。

2023年12月22日
愛知県の企業様より、お問い合わせをいただきました。

  • 自治体・金融機関向け関係人口サポートプログラム
  • 運営会社について
  • 地域パートナー
  • HRアワード2021

同じテーマの
プロジェクト SIMILAR PROJECT