愛する地域と共感する事業で選ぶプロジェクト型兼業・プロボノweb

三重県

【2泊3日~の林業体験プログラム】100年の「熊野の木」を全国の設計事務所や工務店と連携し、一人でも多くの方に届けたい!

  • 時計アイコン1か月前
  • 閲覧数アイコン307 view
【2泊3日~の林業体験プログラム】100年の「熊野の木」を全国の設計事務所や工務店と連携し、一人でも多くの方に届けたい!

プロジェクトについて

世界遺産熊野古道や日本一長いの砂礫海岸「七里御浜」、幾重にもなる田園が幻想的な「丸山千枚田」など大自然と共生する町、三重県熊野市。鹿児島県の屋久島同様に雨のよく降る地域では鎌倉時代頃から林業がとても盛んな地域で、人々の暮らしを支え続けてきました。

 

 

「野地木材工業」は、良質な「熊野の木」を最大限に生かせるものづくりとして、加工・塗装・設計といった一貫生産をしながら地域に根ざした製材会社です。100年かけて育てた大切な「熊野の木」を届けています。

 

現在、日本の木は世界一安くなっています。明治時代まで、木は主に人々の暮らしを支える燃料としての役割を担っていましたが、当時から「熊野の木」は建築材や樽を作る材料として使われてきました。

 

 

80年〜100年という時間をかけて育て伐採する長伐期で育てられた木が織りなす山々は、熊野地域の特徴です。長い期間と人の手をしっかり管理された木は緻密な年輪を刻み、美しく丈夫に育ちます。

 

昭和初期にはエネルギー確保のため、日本全国の山々は建築用木材も含めて刈り尽くされ、高度経済成長期に大規模な植樹が実施されました。その木が育った状態が今です。しかし、植樹された木が育ち今に至るまでの間には、国産木材の不足によって海外産木材の輸入も進んでいくことになってしまいました。

 

次第に国産木材を使った和風建築は減っていき、建築様式も変わりました。国内において行き場をなくした木は、輸出やバイオマス発電などで使用される一方で価格は下落し、建築用材として使われるものも叩き売られる状態となり「日本の木は世界一安い値段」となってしまったのです。

 

 

野地木材工業では、「100年かけて育てた大切な『熊野の木』をこれからの未来に引き継いでいきたい」という思いから、
・「熊野の木」を求めていただくための声や要望に応える仕組みづくり
・「熊野の木」をより身近に感じる機会の創出
に取り組んでいます。

 

プロジェクトが目指すこと

野地木材工業では一般客向けに工場や熊野を案内する「のじもくツアー」を開催しています。木のよさ、熊野のよさを実際に肌で触れて体感していただくツアーとして好評。「のじもくツアー」を通じて、参加者が実際に家を建てる際に「木」に対して考えを巡らせていただけるきっかけになれば、と話します。

 

 

林業・製材業界では年々、高齢化が進み、野地木材工業の職人たちも世代交代の時期に差し掛かっています。

 

 

今回の研修参加者にも、製材や熊野の魅力を研修を通して、製材業や「熊野の木」、私たちの暮らす熊野への興味関心を高めていただけたら、近い将来に今度は仲間としてのお会いすることができたらという期待も持っています。

プロジェクトパートナー

 

野地木材工業株式会社 代表
野地 洋正

熊野市生まれ。のじもく3兄弟の長男として、子どもの頃から身近に木がある生活を過ごす。地元高校卒業後、東京の大学に進学。音楽一家として育った3兄弟でバンドも結成し、都内で活動する。東京での生活を通じて、「木が身近にない暮らしが当たり前」ということを改めて理解し、地元の良さを再認識。「林業や製材業や地元のことをもっと知ってもらい、未来に引き継いでいきたい」という考えから、24歳でUターン。ホームページによる情報発信や製材工程のマニュアル化などを業界で先駆けて着手。日々新たな挑戦に取り組んでいる。モットーは「おもしろい(笑い、感動、納得、共感)ことを楽しむ」。

 

メッセージ

僕らの仕事は「ものづくり」でありながら、結果的には暮らしや生活を形にし、提案していくことです。

 

熊野の山で80年以上かけて育ててきた木や気候風土、地域や林業の歴史があるからこそのものづくりで、どれが欠けていても絶対に成り立ちません。「熊野の木」だからこその特別感というものを、僕らは価値があり「おもしろい」と感じています。

 

「おもしろい」と思ってもらえるかどうかは人によるかもしれません。そもそも体感したことがない方がほとんどです。まずはこの「おもしろさ」をあなたに体感してもらいたいです。

 

「のじもく」で働く仲間は移住者が多いです。人を好きであったり、人と接するのは苦手でもものづくりが好きであったり。中には岐阜県の高山から熊野へ家族で移住し、家具職人として活動しながら「のじもく」で働いてくれている仲間もいます。自分のやりたいことが熊野で実現できるなら、そんな働き方も良いと思っています。

 

「おもしろそうだな」。

 

そう感じていただけていたら熊野にぜひお越しください。あなたと出会えるのを楽しみにしています。

募集要項

仕事内容
【2泊3日】または【5泊6日】からお選びいただくことができ、両者でスケジュールは異なりますが、いずれも下記の体験を行うことができます。

1.工場での加工・製材業務
加工における補助や安全な製材作業をサポートいただきます。

2.生産管理業務
営業と製造の間をつなぐ担当者について、野地木材工業の業務全般を学び理解いただきます。

3.「のじもく」ツアー 案内業務
野地木材工業を見学されるお客様の案内をサポートいただきます。
※.研修とツアー日が重なった場合に実施。
期待する成果
・研修をきっかけに新たな知見を得ること。
・林業・製材業で働く新たな仲間やつながりを得ること。
・何か新しい商品やサービスのアイデアが生まれること。
得られる経験
・製材業の現場を体験できます。
・加工・塗装・設計など、製材の一貫生産からエンドユーザーまで届く具体的な流れを理解できます。
・顧客・自然・地域との関わり方、これからの製材業の在り方を国内だけでなくグローバルな視点から考えるきっかけを得られます。
対象となる人
・製材の仕事に関心のある人
・地方での働き方や持続可能性に関心のある人
・新たな組み合わせなど、製材業の可能性を共に考えたい人
活動条件
※プロジェクト参加者のタスクとメリット
 本プロジェクトは、「令和2年度農山漁村振興交付金人材発掘事業」の体験研修プログラムとして実施されるため、参加者の方には日報・報告書の作成や、キャリアカウンセリングの受講などをお願いする一方、農山漁村での活動期間中の奨励金の支給や、農山漁村までの交通費補助(上限あり)の支給を行う予定です。

 またプロジェクト期間の前後を通じて、受け入れ団体や地域のことをよく知っているコーディネーターが、みなさんを伴走支援しますので、地域のこと・しごとのこと・その他なんでも相談してください。詳しくは、プロジェクト参画決定前のリモート面談の際にお知らせします。

※プロジェクトコーディネーター
 株式会社Dream3.0
 担当:おうやま 昇
活動場所
三重県熊野市井戸町4185-18
募集終了日
2021年02月01日(月)

    ※フルネームでご記入くださいませ。
    ※オンライン面談時の緊急連絡用になります。
    ※海外にお住まいの方は国名をご記入くださいませ。
    ※Wantedly、Facebook、Twitter、Teamkit、ブログなど、ご自身のプロフィールが分かるアカウントのURLがあればご記入ください。
    ※複数選択可能です。
    ※スムーズな日程調整のため、平日10:00〜18:00の中で日時を3つ以上ご提示ください。(その他時間帯での面談は要相談となります)具体的な日時のご提示をしないままでのエントリーはご遠慮ください。

    プライバシーポリシー

    ふるさと兼業運営事務局(以下「当局」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    【個人情報の管理】
    当局は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当局からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料の送付に利用いたします。

    個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当局は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当局が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    個人情報の安全対策
    当局は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    法令、規範の遵守と見直し
    当局は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    お問い合せ
    当局の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

    ふるさと兼業運営事務局
    TEL : 058-263-2162
    FAX : 058-263-2164
    Mail : info@furusatokengyo.jp
    URL : https://furusatokengyo.jp

    ふるさと兼業運営事務局は、プライバシーポリシーを随時更新します。プライバシーポリシーの重要な変更は、最新のプライバシーポリシーとともに当局のウェブサイトに掲示します。
    最終更新日:2018年9月13日

    担当地域パートナーからの推薦ポイント

    株式会社Dream3.0 代表 おうやま昇
    熊野にこんな面白い会社があったのかというが、私の第一印象です。ホームページも素敵で、YOUTUBEも充実しています。地域の情熱ある面白い人が集う「熊野サミット」も野地専務が中心となって今年で5回目。これをご覧いただいたあなたもきっと面白い!ぜひお越しください!
    お問い合わせ先 : dream@furusatokengyo.jp
    /090-9194-6663

    団体の紹介

    1963(昭和38)年に熊野市井戸町で野地久弥が野地製材所を創業したのが野地木材工業のはじまり。製材量は年間約10,000㎥で三重県においてトップクラス。世界遺産熊野古道をはじめ大自然の広がる熊野では古くから良質な木材の産地として有名です。「熊野の木」を最大限に生かせるものづくりを追求し、製材・加工・塗装など製品の一貫生産に取り組み、地域の製材所と連携しながら、職人の熟練した技術とアイデアによって幅広いニーズにお応えしています。

    団体情報

    団体名
    野地木材工業株式会社
    代表者名
    野地 洋正
    設立
    1963(昭和38)年
    従業員数
    52人
    資本金
    1,000万円
    業種
    木材加工製造メーカー
    WEB
    https://www.nozimoku.co.jp/
    住所
    三重県熊野市井戸町4185-18

    同じテーマの
    プロジェクト SIMILAR PROJECT