愛する地域と共感する事業で選ぶプロジェクト型兼業・プロボノweb

 観光資源あふれる但馬の中心から仕掛ける 地域活性化プロジェクトのメンバーを募集します。 |ふるさと兼業

兵庫県

 観光資源あふれる但馬の中心から仕掛ける 地域活性化プロジェクトのメンバーを募集します。

  • 時計アイコン1か月前
  • 閲覧数アイコン760view

募集は終了しました

 観光資源あふれる但馬の中心から仕掛ける 地域活性化プロジェクトのメンバーを募集します。

プロジェクトについて

全但バス株式会社は、日本有数の温泉地である「城崎温泉」や、日本のマチュピチュや天空の城と称される「竹田城跡」など、様々な観光資源がある兵庫県但馬地域で営業している地域密着のバス会社です。主には、但馬地域(豊岡市、養父市、香美町、朝来市、新温泉町)の5市町の路線バスを担うということと、大阪・神戸と但馬地域を結ぶ高速バスの運行をしている会社です。

全但バスの特徴は、地域のバス会社の中でもチャレンジングな取り組みを行っていることです。

 

例えば、城崎温泉にあったバスの営業所を改修して、インバウンド客の対応ができるような観光案内所「城崎温泉ツーリストインフォメーションSOZORO(そぞろ)」をオープンしました。「SOZORO」では、観光案内のみならず、Wi-FiやPCの利用、自転車の貸し出しやお客様に合わせたオプショナルツアーの提供を行っており、城崎温泉周辺の周遊の核となるスポットになっています。

全但バスでは、このような形で今、保有する施設のリニューアルに取り組もうとしています。例えば、その一つが「JR八鹿駅前にあるバスの営業所」です。JR八鹿駅は、山陰本線の中にある駅で、「城崎温泉」と「京都」「大阪」を結ぶ列車が通っています。かつては、「湯村温泉」を目的地とした観光客が八鹿駅で下車し、バスに乗り変える場所としても栄えていましたが、ここ数年は、年々観光客が減り今では、乗客の多くが通学をする高校生という状況です。

 

(八鹿駅前の全但バスの営業所)

そして、実はこの施設は、約40年前に建設されたものですここでは、バスのチケット売り場や待合室、事務所の機能を担っているのですが、3階建てのうちの1階のフロアのみを使っていて、2階と3階は活用ができていない状況です。この建て替えのタイミングを機に、この建物から全但バスの新たな事業を作り出していきたいと考えています。

そこで、JR八鹿駅前のバス営業所の利活用に向けたアイデアとその実現に関わる兼業人材を募集します!

今回のプロジェクトでは、夢物語のようなアイデアではなく、実現可能性が高く、持続性のある事業計画を募集したいと考えています。エントリーいただく方には経験や実績に基づくアイデア出しと実現までのプロセスに関わっていただける方を募集したいと思います。

そのアイデアの中では、全但バスが持っているあらゆる経営資源を活用するのも可能です。ちなみに、このバス営業所周辺にある空き地のいくつかは全但バスで保有していますので、建物の利活用のみならず、空き地の活用も含めて、提案していただいても大丈夫です。具体的には、営業所に隣接する空き地(約800平米)があり、現在は簡易駐車場にしか利用していませんが、ここに何かを創ることなどは可能だと考えています。

ぜひ、この八鹿駅前の再開発に関心のある「但馬地域にゆかりのある人」や「観光や交通で地方創生に取り組みたい人」は是非ともエントリーいただければ有り難いです!

プロジェクトが目指すこと

全但バスでは、「地域貢献・未来創造 ~笑顔と信頼で地域を結ぶ~」を経営理念としており、経営ビジョンとしては、「信頼され選ばれる企業グループ」とし旅客自動車事業を通じて、地域の方々や従業員が笑顔で生活できるような地域社会を目指しています。

今回のJR八鹿駅前のバス営業所の建て替えを通じて、八鹿駅前に新たな賑わいを生み出し、養父市の地域活性化につなげていきたいと考えています。養父市への玄関口である駅前に新しい機能を創り出すことで、「地域住民の交流促進」「交流人口や関係人口の増加」や「地域課題解決」などをもたらすことができるのではないかと思います。

 

プロジェクトパートナー

全但バス株式会社 バス事業部 部長
小坂祐司さん

私たちは、兵庫県北部で路線バス事業を中心に事業を営んでおり、周りには、城崎温泉や天空の城竹田城跡、ハチ高原スキー場など観光資源が豊富にあり、バスを活用し観光地などへの移動手段として頑張っています。

今回のプロジェクトは、私たちの大好きな地元の町で新しい取り組みとして、豊富な観光資源の活用や快適な移動手段の提供をもちろんのこと駅前での賑わいづくりを一緒に考えていただける方を探しています。

皆さまのエントリーお待ちしております!!

 

募集要項

仕事内容
6ヶ月のプロジェクト期間を通じて、八鹿営業所の活用プラン及び、実現に向けた動き出しを行っていきます。
募集時点では、下記のような段取りでプロジェクトを進めていくことを考えています。
スケジュールとしては、今年度内(2020年3月)までに、具体的な計画まで落とし込んでいきたいと考えています。

【STEP1】キックオフMTGの実施<ビジョンのすり合わせ / 現地調査 / アイデア出し>
【STEP2】仮説検証<八鹿駅前においてニーズがあるかの検証>
【STEP3】事業計画の策定<事業内容や収支計画を固める>
【STEP4】改修プランへの落とし込み<営業所の改修計画に事業案を盛り込む>
【STEP5】今後の取り組みについてMTG<改修後のアクションプランについて決定>

※2020年の夏頃までには、改修工事を動き出す予定で、2021年3月には改修が終了しリニューアルする予定です。
期待する成果
・八鹿営業所の改修に向けた活用アイデアが固まっている状態。
・改修工事後に行う事業の計画が固まっている状態。
得られる経験
・養父市や但馬地域における地域活性化に大きな影響をもたらすプロジェクトに関われる。
・駅前の再開発に関わることができる。
・バス会社の持つあらゆるアセットを活かした事業を立ち上げられる。
・行政や地域団体や金融機関などの多様なセクターと関わるプロジェクトに参画できる。
対象となる人
■必須
・アイデアだけではなく、実現まで責任を持って関わっていただける方。

■歓迎
・交通や観光系の事業に携わっている経験がある方。
・養父市や但馬地域に縁やゆかりがある方。
活動条件
・半年間プロジェクトに関わることが出来る人
・数回程度、現地でのMTGのMTGに参加することができる人
・週1回程度のオンラインMTGに参加可能な人
・実現までのフェーズまで関わっていただける人
給与・待遇
月3万円 ~月5万円
※経験や成果に応じて多少、変動します。
休日休暇
業務委託契約のため特になし
活動場所
■全但バス本社(八鹿駅から徒歩2分)
■オンラインミーティング
■担当者の出張時(東京・大阪)
募集終了日
2019年11月18日(月)
プロジェクト開始までの流れ

募集は終了しました

担当地域パートナーからの推薦ポイント

株式会社ローカルフラッグ 濱田祐太
このプロジェクトは、バス会社のみならず、あらゆる機関が連携を組んで取り組むプロジェクトです。

全但バスが取り組む新たな挑戦に是非、エントリーしてみてください!
お問い合わせ先 : local-flag@furusatokengyo.jp
/050-5373-5587

団体情報

団体名
全但バス株式会社
代表者名
桐山徹郎
設立
大正6年10月19日
従業員数
355名
資本金
1億円
事業内容
一般乗合自動車運送事業
一般貸切旅客自動車運送業
国内・海外旅行業
損害保険代理店業
各種運行管理受託業
航空運送代理業(但馬空港)
施設受託運営
業種
旅客運送業
WEB
https://www.zentanbus.co.jp/
住所
兵庫県養父市八鹿町八鹿113番地の1
アクセス
JR八鹿駅徒歩2分

同じテーマの
プロジェクト SIMILAR PROJECT