愛する地域と共感する事業で選ぶプロジェクト型兼業・プロボノweb

建築物をタイルでトータルコーディネートできる“SWAN TILE” 名古屋エリアでの販路拡大を目指した営業戦略を立案するメンバーの募集 |ふるさと兼業

岐阜県

建築物をタイルでトータルコーディネートできる“SWAN TILE” 名古屋エリアでの販路拡大を目指した営業戦略を立案するメンバーの募集

  • 時計アイコン4週間前
  • 閲覧数アイコン217view

募集は終了しました

建築物をタイルでトータルコーディネートできる“SWAN TILE” 名古屋エリアでの販路拡大を目指した営業戦略を立案するメンバーの募集

プロジェクトについて

※本プロジェクトは、「新しい働き方会議2019 特集」プロジェクトとなります。
※10/6(日)に開催する「新しい働き方会議2019」後、選考がスタートします。
※応募多数の場合、第1選考が書類選考になることもあります。ご了承ください。

 

 

「一筋に、ひたむきに。」

株式会社日東製陶所は、この言葉を合言葉に、半世紀以上に渡って多治見の地場産業であるタイルを製造してきました。

 

 

タイルはエクステリアとして建物の外観・内観を彩るアイテムです。お客様の求めるデザイン、色彩、風合い、機能性、頑丈さ。すべての期待に応える生産の体制を整え、デザインタイル・外装タイル、床タイルをもって圧倒的トップ1を目指してきた結果、日本国内シェア30%まで成長することができました。また、自社では生産できない大型タイルを、2年前からイタリア・スペイン・中国など現地メーカーから直接輸入を始めています。

 

 

◎プロジェクトの背景

地場産業であるタイルも、中国産の安価な商品の台頭や、タイルを施工する職人不足などにより、最盛期と比較して生産量が4分の1まで減っています。

そこで、職人さんが施工しやすいように加工したタイルを製造したり、汚れが簡単に落ちるタイルなど付加価値の高い商品の開発にも着手してきました。

同時に、タイルは製造後に商社が大手設計事務所やディベロッパー、デザイナーへ販売をしていきます。この商社依存型の販売体質から脱却するべく、東京へショールームを出店したり、エンドユーザーがよりタイルを身近に感じてもらえる場としてSWAN TILE cafeをオープン、運営をはじめています。

 

 

今回のプロジェクトは、今年4月に新たに開設した名古屋オフィスのメンバーと共に進めて頂きます。
この名古屋エリアでスワンタイルをブランディングし「SWAN TILE」を拡販するべく、商社に依存せず、どのようにディベロッパー・設計事務所・デザイナーへ営業を進めるのか、弊社の営業戦略の立案を共にしてくれるメンバー募集します。

プロジェクトが目指すこと

我々のお膝元「名古屋」 では、既存の顧客はあるものの、知名度はというと全くない状況です。

そんな「名古屋」でのスワンタイルのブランディング進めていきます。自社製品はもちろん、新しい試み輸入タイルを絡めて、4月から始まったTChic名古屋支店の売り上げを確立することを目指します。

27年度5億→28年度6億→29年度7.5億→30年度9.9億→31年度9億 32年度は10億円

プロジェクトパートナー

 

代表取締役社長:若尾 幸将

1970年、岐阜県多治見市生まれ。大学卒業後、岐阜信用金庫入庫。金融マンの道を極めようとするも、祖母の頼みで家業に従事。1年間の工場勤務を経て営業部に配属。2012年代表取締役就任。社員の発想を大切にし、様々な挑戦をしています。今回の募集で加わって頂くあなたとも、新たな挑戦を続けていきたいと思っています。

 

 

 

㈱TChic 名古屋オフィス:有賀 博人

名古屋外語専門学校卒業後、沖縄ツーリスト株式会社、リゾートトラスト株式会社を経て、国内海外添乗業務、法人営業などを経験。その後、今の会社の前進である高山製陶株式会社へ入社。総務として人事・労務、社内規定の作成・改定に携わる。2014年株式会社TChic設立後、営業部へ配属。2019年4月より名古屋オフィス勤務となる。趣味はバスケットボールとラーメンの食べ歩き。

募集要項

仕事内容
【STEP1】フィールドワークと3ヶ月の戦略設計 
★タイルの製造現場(多治見本社)へのフィールドワーク
・会社や社長の想い、本プロジェクトの方向性を理解することから始めます。
・この商品の特徴、強みなどを体感してもらい、営業戦略作りにつなげていただきます。
・また、3ヶ月間でどういう戦略で取り組むのかを具体化し、ロードマップを作成します。

【STEP2】名古屋エリアでの販路開拓に向けた営業戦略設計
★SWAN TILEの販路拡大に向けた営業戦略の設計
・アプローチのための戦略作り  
・戦略に基づいた具体的な計画づくり  
・必要なツール設計 

【STEP3】戦略実施と効果検証、受注に向けたアプローチの設計
★具体的なプロモーションの仮説検証に取り組みます。
・STEP2の仮説に従い、プロモーションを実施
皆様と考えた仮説を、社内の社員が中心となって営業に取り組みます。後方支援を主にお願いしたいと考えていますが、可能であれば、営業同行などにご一緒することも考えたいです。

★東京ビックサイトでの展示会への出展(3月3日~6日)
・最終的には、東京ビックサイトで実施される、展示会(建築・建材展)に出展予定です。
展示会の中で、ターゲットに訴求できることを意図して、各種ツール、見せ方などをブラッシュアップしていきたいです。また、展示会で出会ったお客様に向けて受注に結び付くようなクローシングの戦略を考えたいです。
期待する成果
・SWAN TILEをターゲットに届けるための戦略、仮説の具体化
・販売促進のための、営業ツールの作成 
・営業 クロージング戦略
得られる経験
・衰退する地場産業、タイルの復興に向けた取り組みをする経験 
・タイルという地場産業のモノづくりを知る経験
対象となる人
・衰退する地場産業の復興に興味のある方 
・企業のブランディングに興味のある方
・営業戦略、計画の立案の経験のある方
活動条件
------------------------------------------------------------------------
「新しい働き方会議2019 特集」プロジェクト 選考スケジュールについて

・このプロジェクトは、2019年10月6日(日)に開催される「新しい働き方会議」のプロジェクトになります。
そのため、選考スケジュールが下記のようになりますのでご確認ください。
  エントリー〆切日:10月9日(水)予定
  エントリー頂いた方への選考方法についてのご連絡:10月11日(金)以降
・応募状況により、選考方法が変わります。そのため本エントリー時は、「オンライン面談が可能な日・時間帯」欄の記載は不要です。
------------------------------------------------------------------------

・活動期間は3ヵ月程度です。

【選考方法】
書類選考→面接(オンライン可)
給与・待遇
兼業・プロボノ、募集しています。
プロジェクトに関する経費については企業側で負担します。
※交通費は上限を設定させて頂きます。ご相談ください。

兼業者の場合は、1~3万円の謝金をお支払いする予定です。
金額については双方で協議の上、決定いたします。
活動場所
フィールドワーク時:㈱日東製陶所 多治見本社
オフラインミーティング:㈱TChic 名古屋オフィス
定例ミーティング:オンラインにて実施
募集終了日
2019年10月09日(水)
プロジェクト開始までの流れ

募集は終了しました

団体の紹介

創業69年、 「ひとすじにひたむきに」地図に残る仕事を 未来につなげる

タイルは自然から頂いた素材からつくり上げる素晴らしい建築資材です。
水にも熱にも強く耐久性があり、何より色彩やデザインが美しく、まだまだ可能性に満ちた製品です。
もっとタイルを世の中に普及し、タイル業界を盛り上げていく挑戦をしていきます。
多彩なタイル提案をして、お客様から選ばれるタイルメーカーを目指します。

団体情報

団体名
株式会社日東製陶所
代表者名
若尾 幸将
設立
昭和25年2月
従業員数
170名
資本金
24,000,000円
事業内容
磁器質施釉タイル製造販売

WEB
http://www.nittoseitosho.co.jp/#top
住所
岐阜県多治見市明和町1丁目125番地
アクセス
中央道「多治見」ICより、国道248号可児・美濃加茂方面へ1Km、明和町交差点右折すぐ

同じテーマの
プロジェクト SIMILAR PROJECT