愛する地域と共感する事業で選ぶプロジェクト型兼業・プロボノweb

小規模『町工場』のイメージを一新せよ。 ショールーム工場計画のプロモーション担当募集 |ふるさと兼業

愛知県

小規模『町工場』のイメージを一新せよ。 ショールーム工場計画のプロモーション担当募集

  • 時計アイコン4週間前
  • 閲覧数アイコン139view

募集は終了しました

小規模『町工場』のイメージを一新せよ。 ショールーム工場計画のプロモーション担当募集

プロジェクトの特徴

募集は終了しました

プロジェクトについて

※本プロジェクトは、「新しい働き方会議2019 特集」プロジェクトとなります。
※10/6(日)に開催する「新しい働き方会議2019」後、選考がスタートします。
 (選考スケジュールの詳細については、下部の「活動条件」欄に記載しています。ご確認ください。)
※応募多数の場合、第1選考が書類選考になることもあります。ご了承ください。

 

社長が2代目として会社へ入社したとき衝撃を受けたのは、“町工場”のイメージを体現したような環境や体制でした。「このままでいけない」そんな思いから、まずは徹底した3Sの取り組みからスタートした工場のショールーム化計画。現在はまるでショールームのようなピカピカの環境作りを、社内全体で取り組んでいます。

 

中小企業の工場=「汚い・狭い・暗い」

そんなイメージはありませんか?

 

いい作業環境がいい仕事を生む」

「町工場のイメージを変えたい」

「社員が自慢できる会社にしたい

 

東栄超硬では、中小企業の町工場のイメージを覆し、従業員みんなが自分たちの工場を自慢に思って働いてくれる。そんな会社をつくっていきたいと思っています。

“ショールームのような町工場”土台は既にできています。それをどうプロモーション・活用していくか?そして、どうスタッフのモチベーションアップに繋げていくか?を一緒に外部の方たちと考え実行していきます。

プロジェクトが目指すこと

「ショールームのような工場」を実現させるため、目指したいことは以下の2点。

 

①外部への発信・認知度を高めることによって、企業のブランド力のアップ

②社内スタッフのモチベーション・自社への愛着度アップ

 

既に稼働している「ショールームのような工場」ですが、誕生秘話や目指したい姿など、わかりやすいストーリーを作成した上での外部への発信はまだまだ不十分です。

また、この取り組みや事例が世の中に発信されることで、社内スタッフの方たちが、自分たちの仕事場を誇りに思いながら仕事ができる環境や体制づくりをしていきたいと考えています。

 

プロジェクトパートナー

■代表取締役社長 

坂井 真一 

 

■プロフィール

1978年愛知県愛西市生まれ。町工場の二代目として育つも事業承継する気もなく、㈱ミスミへの転職を機に一流のビジネスマンを目指し邁進した。30歳で父が倒れ、悩んだ末、社員たった5名の町工場へ。町工場の世間のイメージを体現したような環境、そしてリーマンショック。金属加工に興味の薄い町工場の二代目社長が、町工場のイメージを変えるべく日々奮闘中。

募集要項

仕事内容
小さな町工場でも社員が自慢できる企業を目指せ!「ショールームのような町工場」をプロモーションする。

-----------------------------------------------------------
【1】現状把握と目的共有
・フィールドワークで、東栄超硬の工場を見学し、そこに至る経緯や現在の取り組み、目指す姿など現状把握をして頂きます。
・なんの為の『工場のショールーム化』なのかをゼロベースで徹底的に議論しながら目的を共有します。

【2】+αの企画・改善案のアイデア出し
・全国の先進的な「町工場」の取り組み事例を調査。よい事例・真似したい事例などを詳しく分析。
・それとは逆に、工場の概念に囚われない、新しい町工場のカタチを固定概念のない発想でアイデア出しをして頂きたいです。
 
【3】企画立案&運用計画/ストーリー作成
・東栄超硬として今以上にできること、取り組めることを【2】をブラッシュアップ、企画として提案・運用計画をたてます。
・外部へ発信するための具体的なわかりやすいブランディングストーリーを作成します。


【4】プロモーション戦略(メディア発信など)
・ブランディングストーリーを元に、新聞社やその他メディアにリリースの提出を実施。
・新たな企画案の運用のための準備を進めます。

-------------------------------------------------------------
※そのほかのプロジェクト(関心ある方、ぜひどうぞ!!)
-ショールームのような工場にふさわしい社内スタッフの作業着を考える
期待する成果
・新聞などのメディア掲載。
・「ショールームのような町工場」の外部に発信しやすい・わかりやすいストーリーができる
・新たな企画や、改善案を提案でき、実証できる。
・工場の改善や外部への発信により、社内スタッフのモチベーションがアップする
得られる経験
・企業、社長の想いを引き出し、企画へと具現化させる経験
・WEBや新聞など、各メディアへのリリース執筆・掲載の実績
・外部へのブランディングと社内のモチベーションアップとの繋がりを持った仕掛けを考え打ち出すこ とができる。
対象となる人
・想いをカタチにする、魅力を具体的に文字や絵に描くことが好きな人、得意な人
・デザインなどに興味があり、空間演出やモノの見せ方・写真が好きな人、得意な人
・ものづくり企業に関心をお持ちの人
活動条件
------------------------------------------------------------------------
「新しい働き方会議2019 特集」プロジェクト 選考スケジュールについて
・このプロジェクトは、2019年10月6日(日)に開催される「新しい働き方会議」のプロジェクトになります。そのため、選考スケジュールが下記のようになりますのでご確認ください。
 エントリー〆切日:10月9日(水)予定
 エントリー頂いた方への選考方法についてのご連絡:10月11日(金)以降
・応募状況により、選考方法が変わります。そのため本エントリー時は、「オンライン面談が可能な日・時間帯」欄の記載は不要です。
------------------------------------------------------------------------

2019年10月~3月内での3か月間、チームメンバーと時期を調整します。
リモート打ち合わせはプロジェクトメンバーの隙間時間に対応します。
①フィールドワーク:2~3回実施 
②定期打ち合わせ :
リモートでの実施想定 (1~2週間に1回程度 平日夜を想定)
※1か月目は週1回実施 2~3か月目は2週に1回になる可能性も有り
※交通費・業務にかかる経費は企業負担
給与・待遇
基本はプロボノとして関わっていただける人を想定していますが、報酬の発生する兼業希望の方は専門性やスキル・経験に応じて相談させてください。
休日休暇
基本的には土・日は休日
活動場所
本社工場 〒496-0921 愛知県愛西市大井町樫ノ木163-2
第2工場 〒496-0912 愛知県愛西市東保町西河原238
募集終了日
2019年10月09日(水)
プロジェクト開始までの流れ

募集は終了しました

担当地域パートナーからの推薦ポイント

NPO法人G-net NPO法人G-net 棚瀬規子
東栄超硬さんの「工場のショールーム化」までのストーリー・社長の想いは、本当に胸を熱くさせるものがあります。

”綺麗でピカピカな環境で仕事をする。”
気持ちよく仕事ができるだけでなく、社員さんが家族や友達、知り合いに紹介したい・自慢したい会社になり、モチベーションアップにも繋がっていく。
このプロジェクトは、多くの町工場の課題解決にも繋がることなのではないでしょうか?

お問い合わせ先 : info@furusatokengyo.jp
/058-263-2162

団体の紹介

株式会社東栄超硬は、設立以来高精度加工にこだわり続けてきた“超硬合金加工のスペシャリスト”。難しい加工に果敢に挑戦し、お客様から「こんな難しい仕事は東栄超硬さんにしか相談できない」と言って頂ける様な技術力を日々追求しています。なんとなく図面通りに仕上がっている製品ではなく、『完璧な製品』を製造することに誇りを持っています。

団体情報

団体名
株式会社東栄超硬
代表者名
代表取締役 坂井 真一
事業内容
精密治工具・ゲージ・金型部品加工 
WEB
https://touei-choko.com/
住所
愛知県愛西市大井町樫ノ木163-2

同じテーマの
プロジェクト SIMILAR PROJECT