愛する地域と共感する事業で選ぶプロジェクト型兼業・プロボノweb

宮城県

これまでにない‟まちづくりの仕事”を定義し、発信するプロボノ募集!

  • 時計アイコン8か月前
  • 閲覧数アイコン227 view

募集は終了しました

これまでにない‟まちづくりの仕事”を定義し、発信するプロボノ募集!

プロジェクトについて

設立20周年に向けて「何者か?」を再定義したい

 

特定非営利活動法人 都市デザインワークス(以下、UDW)は、2022年8月に設立20周年を迎えます。

長らく行政と民間企業(事業者)に委ねられてきた都市開発に、市民の想いと意志を反映させる社会システムを構築することを目指し、設立から今日まで活動してきました。

地域の魅力を引き出し・高めるコンサルティングや、住民同士の対話や合意形成プロセスを重視しまちづくりに必要な諸条件を整備するなど、目に見えないところのデザインがUDWの仕事です。

 


<UDWが携わった主な事業>
▼せんだいセントラルパーク構想
仙台都心を流れる広瀬川流域に広がる公園やキャンパス、歴史・文化施設などを一体的なセントラルパークとみたて、杜の都のライフスタイルを創造する構想を提案。WEBの立ち上げやガイドブックの作成のほか、市民キャストを巻き込みながら、ピクニックパレードやプレジャーマケット、伊達な川床などのプログラムの企画運営、2019年からは「青葉の風テラス」の施設管理運営事業に参画するなど持続的な取り組みを展開している。

▼南蒲生地区復興まちづくり
津波被害を受けた仙台東部の南蒲生地区は災害危険区域の線引きにより、住宅再建の手立てが行政主導による集団移転事業と、自力での現地再建または移転再建の‟三者三様”であった。個々の住宅再建と並行して地域復興まちづくりを検討すべく、2012年から地元主体の復興まちづくり計画の策定を支援し、「杜の都の田園文化を受け継ぐ『新しい田舎』」を目標に、安心・安全な暮らしに向けた避難訓練や交流イベント、地域の居久根のある景観づくりなどの実践活動を2018年度までサポートしてきた。


 

このプロジェクトでは、次のことに取り組んでいただきます。
これまでの実績をまとめることで、目に見えない仕事の「価値」を見える化する
・UDWの見えにくい仕事を「定義」し、発信することで、継続的にまちづくりに携わるパートナーに届ける

 

スタッフではなかなか客観視が難しくなっているため、ぜひこのリ・ブランディングにあなたの力を貸してください。

 

プロジェクトが目指すこと

地域主体の持続的なまちづくりのムーブメントを広めていきたい

 

これまでのまちづくりの多くは、行政やディベロッパーがクライアントで、年度の事業予算に応じたものでした。ですが、まちづくりに完成はありません。そこに住む人の営みは絶えず変化し、その変化に応じてまちの魅力を高めていく必要があるからです。

 

UDWが培ってきた経験とともに、UDWが提供できる「価値」を今回のプロジェクトを通じて明確に伝えられるようになることで、それぞれの地元の人が仲間を作って地域の課題解決にむかうことや、地元の魅力を活かしたまちづくりに取り組みたいという地域や行政、企業などを増やしていきたい。あわせて、UDWと志を共にする仲間を増やし、一緒に地域主体のまちづくりに取り組むネットワークを広げていきたいと考えています。

 

理想は、この宮城・東北の地から新しいまちづくりをはじめ、20周年でその一端を発信すること。

私たちと一緒に、この理想を実現しませんか?

プロジェクトパートナー

都市デザインワークス
代表理事 榊原進

 

これまでも、私たちが取り組む“都市デザイン”について、設立趣旨や設立10周年のパンフレットなどにまとめ、言語化してきました。

しかし、多様なまちづくりの現場での経験を積み重ねていくにつれ、私たち自身が「何者か」を説明し、私たちが携わることの「価値」をうまく伝えることが難しくなってきました。

2020年は、私たちにとっていわば勝負の年。このプロジェクトは、20年目に向けて私たちの進むべき道を明らかにするための、1つの道しるべになってくれればと思っています。

募集要項

仕事内容
まちづくりNPOのリブランディングを通じて、持続的なまちづくりの種を蒔く仕事です。

①プロジェクトの背景・解決したい課題の理解、成果イメージの検討
→まずはインプットから。UDWとのディスカッションにより、実現したい未来(展望)と現状をしっかり捉えることで、取り組む内容や成果物を具体化し、スケジュールに落とします。

②これまでの事業内容の取りまとめと実績の見える化
→なかなか目に見えにくいUDWの仕事について、これまでの事業内容を取りまとめて、実績を見える化してください。手掛けたプロジェクトは一通りホームページに掲載していますが、それらを新たな視点で再編集するようなイメージです。

③UDWの価値や仕事の定義、発信
→①と②を通じて、果たしてUDWとは何者か、UDWの価値や仕事をどう定義するか考えてください。いくつか提案をまとめ、UDWとディスカッションを重ねながら、価値や定義を固めていきます。その上で、効果的な発信手法や媒体についても提案してください。

④成果物の作成、発信
→実際に発信するツールの作成やPRなどにも関わっていただきたいと考えています。

⑤振り返り
→半年で一度、終了時にも振り返りを予定しています。

※関わっていただく方のスキルや経験に応じて、内容は調整します。
期待する成果
・これまでの実績がまとまり、見える化すること
・上記を通じてUDWの「価値」や「仕事」が定義されること
・今後、事業を展開していく対象(パートナー)が見えること
得られる経験
これまでにない仕事を定義し、発信する経験
対象となる人
難しい課題に一緒に挑戦してくれる人

<歓迎>
・ブランディング戦略の構築経験のある人
・企業パンフレットやプレスリリースなどの編集経験のある人
活動条件
2020年の1年間(半年で一度振り返りを行う予定)
※開始時期は相談によって決定(本人が可能ならマッチング成立次第、すぐに活動開始)
※リモート可(隔週1回程度のMTG参加あり)
※仙台圏在住の方で、実際に来られる人も歓迎
給与・待遇
プロボノを募集しています。
交通費・プロジェクトにかかる経費は企業で負担いたします。
活動場所
所在地:宮城県仙台市青葉区二日町6-6-903
その他:オンライン打合せや作業はリモート可
募集終了日
2020年01月29日(水)
プロジェクト開始までの流れ

募集は終了しました

団体情報

団体名
特定非営利活動法人 都市デザインワークス
代表者名
代表理事 榊原進
設立
2002年8月16日
従業員数
事務局スタッフ5名
事業内容
都市デザインワークスは、都市のビジョンを提案。市民・企業・行政の皆と共有、協働で実現していくまちづくり法人です。
WEB
http://www.udworks.net/
住所
宮城県仙台市青葉区二日町6-6-903

同じテーマの
プロジェクト SIMILAR PROJECT