愛する地域と共感する事業で選ぶプロジェクト型兼業・プロボノweb

青森県

【募集終了】氷都八戸「汁スタンド」でおもてなしプロジェクト

  • 時計アイコン2年前
  • 閲覧数アイコン186 view

募集は終了しました

【募集終了】氷都八戸「汁スタンド」でおもてなしプロジェクト

プロジェクトについて

 

「八戸前沖サバ」で売り出し中の青森県の八戸港。

かつてはイカやイワシの水揚げ量で全国有数の漁港といわれ、三陸の海の恵みの恩恵を受けてきた、古くからの港町です。

しかし、1988年に81万トンを超えた八戸港の水揚げ量は、近年は10万トンを割り込み、その資源量の極端な減少が、地域の経済に深刻な影を落としています。

不漁に伴って原材料の不足が発生し、引き合いが高まることで原料価格が年々上昇。さらに主力魚種の変遷により、設備変更等の投資も強いられてしまいます。

これらは水産加工業者が大きなダメージ受けるだけでなく、資材業者や卸・流通といった周辺産業にも悪影響を及ぼし、廃業が相次ぎ、漁業者らの所得減少にも直結しているのが現状です。

このプロジェクトでは、貴重な現有の水産資源を無駄にしないためにも、現在まで利用価値が低いとされ廃棄されてきた魚の部位などを活かしながら、高付加価値の商品を開発することで、所得を地域に還元することを目指します。

その手段として、地域の玄関口である八戸駅コンコース(または駅周辺)にスープスタンド「ジル(汁)スタンド八戸」をオープンし、地元の魚・野菜・肉を使ったスープを販売します。店舗内でスープと軽食を食べられるほか、新幹線車内でも食べられるようにテイクアウトにも対応します。将来的には、スープをみやげ品として商品化することも目指しています。

募集要項

仕事内容
仕事は大きく3つあります。

〇飲食店舗運営(または接客)の経験者が望ましいです。知識や経験を活かして、八戸の玄関口を彩る店舗づくりに取り組んでいただきます。

〇私たちは地元の食材にこだわり、地元のデザイナーと一緒にデザインの力で商品価値を高めるチームを構成しています。その一員として、私たちには見えていない八戸の新たな魅力、八戸ならではの新たな消費シーンの創出に力を貸してください。

〇現在八戸市では、未利用魚を活かした「ブイヤベースフェスタ」や、ワイン産業創出などで、冬の価値を高める活動が官民を挙げて続いています。新たな定番土産を生み出し、地域の魅力をさらに高めていきたいと考えています。
期待する成果
〇減少した水産資源に代わる未利用食材の新たな価値創出

〇野菜・肉などの地場産食材のPR

〇圏域の生産者への所得還元
得られる経験
〇都市部を中心とした消費シーンを想定した、地方における土産商品の販売シチュエーションの設計などの経験を得ることができます。

〇地域で着目されていない食材の価値を評価し、高めることで地域全体の所得向上に寄与する体験をすることができます。
対象となる人
〇消費シーンを想定したターゲット設定ができる方

〇ターゲットの嗜好を踏まえた店舗づくりを提案できる方

〇販売シチュエーションを考案できる方
活動条件
〇常勤雇用、または期間雇用が第一希望です。

〇他地域に拠点を置いたまま、一定の頻度で本プロジェクトに関わる「兼業」「副業」でも構いません。

〇活動支援金等としてではなく、一定の報酬を用意します。

〇その他の諸条件については問合せください。
給与・待遇
条件により、相談の上決定します。
福利厚生・手当て
条件により、相談の上決定します。
休日休暇
規定に準じます。
活動場所
青森県八戸市ほか
募集終了日
2019年07月04日(木)
プロジェクト開始までの流れ

募集は終了しました

    ※フルネームでご記入くださいませ。
    ※オンライン面談時の緊急連絡用になります。
    ※海外にお住まいの方は国名をご記入くださいませ。
    ※Wantedly、Facebook、Twitter、Teamkit、ブログなど、ご自身のプロフィールが分かるアカウントのURLがあればご記入ください。
    ※複数選択可能です。
    ※スムーズな日程調整のため、平日10:00〜18:00の中で日時を3つ以上ご提示ください。(その他時間帯での面談は要相談となります)具体的な日時のご提示をしないままでのエントリーはご遠慮ください。

    プライバシーポリシー

    ふるさと兼業運営事務局(以下「当局」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    【個人情報の管理】
    当局は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当局からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料の送付に利用いたします。

    個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当局は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当局が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    個人情報の安全対策
    当局は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    法令、規範の遵守と見直し
    当局は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    お問い合せ
    当局の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

    ふるさと兼業運営事務局
    TEL : 058-263-2162
    FAX : 058-263-2164
    Mail : info@furusatokengyo.jp
    URL : https://furusatokengyo.jp

    ふるさと兼業運営事務局は、プライバシーポリシーを随時更新します。プライバシーポリシーの重要な変更は、最新のプライバシーポリシーとともに当局のウェブサイトに掲示します。
    最終更新日:2018年9月13日

    担当地域パートナーからの推薦ポイント

    NPO法人プラットフォームあおもり NPO法人プラットフォームあおもり 理事長 米田大吉
    【プラットフォームあおもりは、あおもりの新しい価値を創ります】
    私達は「あおもりに暮らす人と人のつながり」を活かし、この地域の課題に共感して目の前の困りごとを解決するだけでなく、一歩先を見つめ、地域の課題を解決するために行動し、この地域の未来に活きるしくみを創って、次の世代につなげます。

    八戸市にとって、水産業は地域を支える基幹産業の一つになっています。
    このプロジェクトは、私達未来に向かって取り組まなくてはいけない、とても大切なテーマだと思っています。
    お問い合わせ先 : platform-aomori@furusatokengyo.jp
    /0177635522

    団体の紹介

    団体情報

    団体名
    株式会社マルヌシ
    代表者名
    代表取締役 地主陽一
    設立
    昭和27年(1952年)
    従業員数
    90人
    資本金
    8,000万円
    事業内容
    「株式会社マルヌシ」は創業60年超の水産会社です。
    主に、八戸港に揚がる魚を鮮魚出荷したり、加工品を製造・販売しています。
    地元水産業界では最大手でありながら、近年は「八戸サバ缶バー」 https://38canbar.jp/ に代表されるようなユニークな商品開発も始めた、ちょっと変わった会社です。
    今後も、恵まれた地元の食材を使って、新たなチャレンジを続ける予定です。
    業種
    水産加工業
    WEB
    http://www.marunushi.co.jp/
    住所
    青森県八戸市白銀二丁目5番地1