愛する地域と共感する事業で選ぶプロジェクト型兼業・プロボノweb

東京都

「しぶさわくん」を日本一のキャラにするWEBプロモーション応援隊を募集します!SNSプロモーションを通じてしぶさわくんの認知度向上を目指す、戦略設計プロジェクト

  • 時計アイコン5か月前
  • 閲覧数アイコン819 view

募集は終了しました

「しぶさわくん」を日本一のキャラにするWEBプロモーション応援隊を募集します!SNSプロモーションを通じてしぶさわくんの認知度向上を目指す、戦略設計プロジェクト

プロジェクトについて

※本プロジェクトは、「(公財)東京観光財団主催
観光まちづくりサポート事業でのプロボノ人材活用」となります。
7/3(土)に開催する「プロボノマッチング交流会」にて、募集される都内観光協会等団体の担当者の方と直接お話できますので、是非イベントにもご参加ください!


本プロジェクトでは、「東京北区観光協会」が取り組む「しぶさわくん」(渋沢栄一をモデルとしたキャラクター)のプロモーションを実施します。

「近代資本主義の父」である渋沢栄一は、自らの道徳と信念に基づいた経済活動の拠点を、東京都北区にある王子飛鳥山に置き、数多くの功績を残しました。

そんな渋沢栄一は、大河ドラマ「青天を衝け」の主人公として注目を集め、新一万円札の肖像画になることが決定しています。
しかし、「何した人なのか」と北区民にすら言われてしまうことも多く、経営者とご年配の方にしか認知されていないのが現状です。

今年は大河ドラマというまたとない注目を浴びる年です。この流れに乗って、渋沢栄一のこと・そして「しぶさわくん」を多くの人に知って頂きたいと考えています!

東京北区観光協会では「しぶさわくん」以外にもSNSでの情報発信やPRを行っており、ある程度の運用ノウハウは蓄積されてきています(渋沢×北区 青天を衝け 大河ドラマ館【公式】のツイッターは5000名ほどフォロワー.東京北区観光協会 – PR Stationのツイッターは3000名ほどのフォロワー)
現在、「しぶさわくん」ツイッターは235名とまだまだ基礎固めのタイミングです。今後はグッズ制作も含め、様々な側面から「しぶさわくん」をPRしていきたいと考えています。

「しぶさわくん」というキャラクターを、どのようにすればより多くの人に広がるのか。どのようなプロダクトが認知されやすいのか等、マーケティング的な側面も踏まえて、現在の情報発信の基盤をより強固にすることを目指します。

プロジェクトが目指すこと

東京都北区は、もともと観光事業が栄えているわけではなく、お土産も無い土地でした。観光協会として、「北区民に地元に対する誇りを持ってほしい」「もっと北区を好きになってもらいたい。」という思いから、北区出身のアーティスト「エレファントカシマシ」の曲を赤羽駅の発着音にしたり、「東京都北区帰宅メシ」というプロジェクトを発足し、テイクアウトでお弁当を購入できる飲食店を掲載したりなど、様々なことに挑戦してきました。

  

 

そして、今年は大河ドラマを機に、渋沢栄一を軸とした観光産業に力を入れていくムードが地域全体としても興っています!

 

メディアからの問合せも格段に増加し、街歩きの番組では北区が取り上げられることも出てきました。
この勢いのある今年に、渋沢栄一を軸としたプロモーションに注力し、SNSを利用した話題作り・トレンドに乗るようなバズりを生み出したい。多くの方に北区のことや「しぶさわくん」の事を知ってもらうと共に、より北区を好きになってもらいたいと考えております。

プロジェクトパートナー

東京北区観光協会は「PR Station」という別名も持ち、パブリックリレーションズについても強く推し進めております。

観光を切り口として、既存の施設や公共空間の利活用や、社会サービスの実装を図り、北区の価値をイノベーティブに創造することを目指します。

東京北区観光協会は、全8名で成る組織です。現状SNS投稿の担当者は1-2名です。本プロジェクトでは当協会のSNS担当者だけではなく、イベント担当者やPR・デザイン担当者等、東京北区観光協会のメンバーほとんどと関わっていただくことになります。プロボノ人材、という特殊な接点ではございますが、同じ東京北区観光協会のメンバーとして共に歩んでいきましょう。

募集要項

仕事内容
<STEP0>
現状のSNS発信全般についての第三者目線での評価、改善点を提案頂く

<STEP1>
北区飛鳥山に来ていただき、大河ドラマ館及び旧渋沢庭園、おみやげ館など、現在東京北区観光協会が力をいれて取り組んでいる項目について知ってください。しぶさわくんの着ぐるみが稼働している様子の現状把握をしてください。

<STEP2>
STEP1の所見を基に、現状での発信についてどのような課題があるか、どのような点を伸ばすべきか等を専門的な知識からご教授いただければと思います。また、投稿する文章案の作成を複数パターンお願いいたします。

<STEP3>
いただいたアドバイスと、文章案を基に東京北区観光協会メンバーがSNSで情報発信、定期的な打ち合わせを重ね、より効果を高めてください。
期待する成果
【成果の方向性】
「しぶさわくん」認知度の拡大。北区のバリューを高めることによる地域の幸福度向上。北区民のシビックプライドの醸成。北区民以外の、北区に対する興味・関心の醸成。
【具体的な数値目標】
中期:SNSフォロワーふっかちゃん(10万人)越え
長期:SNSフォロワーくまもん(80万人)越え
得られる経験
生まれたてのキャラクターの育ての親となれる
事例がないことをやれる。ビッグビジネスになる。
日本一の渋沢プロモーターとして伝説になれる。
対象となる人
<スキル>
◎Webマーケティング、SNSマーケティングなど、広報・PRに関する専門的知識
◎キャラクターの運用方法、認知度の拡大等、ディレクションの知識
○SNSで興味・関心を惹きやすい文章について知識がある方

<その他>
・しぶさわくんが全国に広がる過程を楽しめる方
・前例のない取り組みに興味を持って向き合える方
・「仕事・業務」ではなく、観光協会と共同でのチャレンジとして取り組める方
活動条件
【活動予定期間】活動決定~2022年2月上旬まで最大6か月
【勤務時間】要相談
【活動頻度】週1日の打ち合わせ+週2,3日のSNSチェック・細かい改善サジェスト
【募集人数】最大3名

◆プロボノ決定の流れ:
【1】個別面談→【2】マッチング者通知
個別面談では、オンラインにてお持ちのスキル・経験等を東京北区観光協会のメンバーにお話しいただきたいと考えております。
※エントリー人数が一定人数を超えた場合はエントリー情報に基づいて人数を絞らせて頂く可能性がございます。
そのため、エントリー情報を詳しく記載いただくことをお勧めしております。

■研修会と交通費の案内について
*本プロジェクトは、研修会や現地フィールドワークにご参加頂くプログラムとなっております。
①事前研修会(オンライン開催)、②キックオフ(現地開催)、③中間研修会(オンライン開催)、④終了報告会(東京都内会議室開催(予定)へのご参加をお願いしております。
※緊急事態宣言など感染拡大状況により開催方法が変更になる可能性がございます。

*交通費・宿泊費について一部支給がございます。現地訪問の回数制限はございませんが、上限を超えた場合の交通費・宿泊費は実費負担となります。

<東京北区観光協会の場合>(1人当たり)
①東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県在住の方は「1プロジェクトあたり最大1万円までの交通費の実費」を支給します。宿泊費の支給はございません。
②東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県以外に在住の方は「1プロジェクト当たり最大4万円までの交通費と「1プロジェクトあたり最大8,000円までの宿泊費(実費)」を支給します。
給与・待遇
プロボノの募集となるため、報酬等はありません。
活動場所
基本的にはオンラインで構いません。会議等はリモートで行います。
事務所での打ち合わせの場合は
東京都北区王子1-11-1 北とぴあ1階(JR京浜東北線・東京メトロ南北線「王子駅」より徒歩5分)までお越しください。
募集終了日
2021年07月09日(金)

担当地域パートナーからの推薦ポイント

NPO法人G-net 掛川 遥香
大河に、新一万円札、と話題沸騰中の渋沢栄一をPR!
既に複数のSNSアカウントを持っている東京北区観光協会さんが今年一押ししていくプロジェクトです。

SNSに関しての専門性というよりも、「しぶさわくん」というキャラクターの魅力を引き出し、多くの人に知ってもらえる過程を面白んで参加頂ける方にご参加頂ければと思います!
北区の新たな顔を作ることにワクワクする方と取り組めることを楽しみにしています。
お問い合わせ先 : info@furusatokengyo.jp
/058-263-2162

団体の紹介

東京北区観光協会は、全8名で構成される一般社団法人です。
北区のバリューを高め、地域の幸福度の向上を目指すと共に、北区の新しい価値をInnovative に創造することを目指しております。
観光を切り口とした公共空間の活用と社会サービスの実装を行うことで
地域のブランディングと北区民のシビックプライドの醸成をビジョンとして掲げております。

団体情報

団体名
一般社団法人 東京北区観光協会
代表者名
会長 大前 孝太郎
設立
2017/1/23
従業員数
8名(うち派遣7名)
事業内容
活動実績
・赤煉瓦酒造工場の活用(連携協議会の開催、ツールマップの作成、赤レンガフェスの実施)
・飛鳥山公園、音無親水公園の利活用(北区肉まつり、音無親水公園ライトアップ)
・北とぴあ、区有施設の空間活用(展望フロア屋上庭園ビアガーデン、松本零士サミット)
・荒川河川敷の活性化(北区花火会、荒川マルシェ)
・シティプロモーション(エレカシ×赤羽、渋沢栄一プロジェクト)

なお、令和3年度は大河ドラマ「青天を衝け」を活用した北区飛鳥山公園を中心とした渋沢栄一プロ
ジェクトを推し進める重要な年度である。
業種
観光業
WEB
https://prkita.jp/
住所
東京都北区王子1-11-1 北とぴあ1階
アクセス
JR京浜東北線「王子駅」、東京メトロ南北線「王子駅」より徒歩5分。

同じテーマの
プロジェクト SIMILAR PROJECT