愛する地域と共感する事業で選ぶプロジェクト型兼業・プロボノweb

京都府

缶詰×TECHで日本の豊かな食を世界へ届けるベンチャー企業の広報チームを募集!

  • 時計アイコン5か月前
  • 閲覧数アイコン1,233 view

募集は終了しました

缶詰×TECHで日本の豊かな食を世界へ届けるベンチャー企業の広報チームを募集!

プロジェクトについて

兼業人材だけで、会社の広報を担う新たなチームづくりに挑む!

株式会社カンブライトは、2015年に設立された缶詰×TECHのベンチャー企業です。日本中の豊かな食を、世界中の将来世代に。をビジョンに掲げ、小ロットからの缶詰製造を強みとして、創業して5期目でこれまで150件もの新商品開発を手掛けています。

 

全国各地の生産者や食品加工業者とコラボをし、様々な缶詰を生み出すことで「フードロス対策」「地方創生」「6次産業化」「地域雇用」などの社会課題にコミットしています。そのため、多くの取材依頼などが殺到しています。

基本的には、営業活動は行なっておらず、メディア掲載や「缶詰」をキーワードにしたSEO対策による流入に、コーポレートサイトに集客が出来ており、そこから缶詰の製造に関する問い合わせが来ている状態です。

今後、会社としてさらなる事業促進を図るために今回、株式会社カンブライト全体の広報チームを立ち上げることになりました。現在は、社長がほぼ一人で担当をされている部分ではありますが、チームを作り引き継いでいくという方針になりました。

そして、今回の広報チームは、兼業人材を中心にしたチームを組成するという新たな試みに挑戦します。

各分野の様々な専門スキルを持ち寄り、株式会社カンブライトの広報・PRを担うチームを作っていきます。兼業人材が集合するからこそ生まれるコラボレーションの力を発揮できればと考えています。

今回、チームを組成するにあたっては、以下の役割を担える方々を募集いたします。

==============

・チームのマネジメントが得意な方。

・ライティングが得意な方。

・動画編集が得意な方。

・写真の撮影が得意な方。

・ワードプレスの構築ができる方。 など

================

それ以外にも、株式会社カンブライトの広報・PR、にこんなところで貢献できる!という提案があればそれもお待ちしております。みなさんの熱意ある提案をお待ちしております。

プロジェクトが目指すこと

株式会社カンブライトは、「食品産業の衰退」に対する課題意識から生まれた会社です。

食品産業(産地・食品加工業者)が衰退するのではなく、稼げる産業へどうすれば、変化していけるのか?という問いを問い続けてきました。

日本では食の価値が低く消費も縮小していくことから、世界の市場にチャレンジすることができる仕組みを構築する事業をスタート。

小規模な食品産業事業者には、「賞味期限が短い」「付加価値開発(マーケティング)の視点が弱い」「加工ロットが大きい」という3つの課題が存在しており、リスクを背負って事業展開をしなければならないという背景があります。

そこで、株式会社カンブライトは、缶詰食品スマート工場を立ち上げることを通じて、「賞味期限の長期化(最大3年)」、「高付加価値開発(小さく仮説検証を繰り返す)」、「スマート工場を立ち上げることでの小ロット生産」を実現していきます。また、缶詰というプロダクトに落とし込むことで、常温長期保存できるという特性を活かして世界中へ日本の豊かな食を届けれると考えています。

今後は、これらのノウハウをSaaS型の工場運営システムとして展開していくことで、食品産業を稼げる産業にしていく挑戦を行なっていきます。

プロジェクトパートナー

株式会社カンブライト 代表取締役 / 井上和馬

15年間ITの専門家として、受託開発、企業向けパッケージソフトウェア開発、WEBプロモーションのマネージャとして勤務。とあるTV番組をきっかけに株式会社エイトワンの大籔社長と出会い、缶詰事業へ転身。東洋食品工業短期大学社会人育成講習会に参加し食品加工について学び事業をスタートさせる。現在は缶詰プロデューサーとして食品開発のプロデュースやコンサルを年間50件ほど対応。リスクを抑えて「売れる」商品を作る新商品開発メソッドで、食品業界、1次産業に貢献できる事業を構築中。息子が3人おり、休みの日はご飯を作って家族に食べてもらうのが楽しみ。

募集要項

仕事内容
以下のようなスケジュールでプロジェクトを進めていきます。
基本的なオリエンテーションを終えたあとは、PDCAを回しながらチームとして自走できる状態を目指していきたいです。

【STEP1】オリエンテーション(役割分担 / カンブライトについての理解)
【STEP2】コーポレートサイトの課題や今後のコンテンツ案の洗い出し
【STEP3】各自の役割に分かれて、コンテンツの作成・投稿
【STEP4】振り返りミーティング & 方針策定
【STEP5】広報チームとして、自走する。
期待する成果
・広報チームとして自走できている状態
得られる経験
・缶詰・食品加工のビジネスについての知識が得られる
・生産者や食品加工業者とのつながりが出来る。
・兼業人材だけのチームでプロジェクトを動かすという経験が得られる。
対象となる人
【募集人数】
3〜5名程度

【必須条件】
・株式会社カンブライトに共感し、積極的にプロジェクトにコミットできる。
・Slackやウェブ会議ツールを用いて、円滑なコミュニケーションを図ることができる。

【歓迎条件】
広報チームの一員として、以下のようなスキルを持ってコミットいただければありがたいです。

・チームのマネジメントが得意な方。
・ライティングが得意な方。
・動画編集が得意な方。
・商品や料理の写真撮影が得意な方。
・料理のコーディネート(缶詰の食べ方の提案)が得意な方
・ワードプレスの構築が得意な方。 など

活動条件
・週1回程度のオンラインMTGに参加可能な人
・Slack等のチャットツールでコミュニケーションが取れる人
給与・待遇
月30,000円〜50,000円
(※スキルや経験及び、採用人数によって若干変動する場合がございます。)
休日休暇
業務委託契約のため特になし。
活動場所
・大阪オフィス
・ウェブ会議(WherbyやZoom等を使用予定)
募集終了日
2020年03月07日(土)
プロジェクト開始までの流れ

募集は終了しました

担当地域パートナーからの推薦ポイント

株式会社ローカルフラッグ 濱田祐太
「フードロス」や「6次産業化」「地方創生」など非常に共感性の高い課題に真正面から取り組むカンブライトの魅力的なビジネスに関われることは、非常に有意義であると思います。
広報・PRという切り口から「日本の豊かな食を、世界中の将来世代に」届けるための挑戦に参画いただける方をお待ちしております!
お問い合わせ先 : local-flag@furusatokengyo.jp
/050-5373-5587

団体情報

団体名
株式会社カンブライト
代表者名
井上和馬
設立
2015年9月2日
従業員数
13名(役員・社員・契約社員:7名、パート・アルバイト:6名) ※2019年12月時点
資本金
5,000万円
事業内容
加工食品の企画、開発、製造及び販売
食品開発におけるプラットフォームの開発と運営
食品開発及び食品製造設備のコンサルティング、プロデュース
各種研修・セミナーの企画・及び運営
業種
食品製造業
WEB
https://canbright.co.jp/
住所
京都府京都市中京区桜之町430-5
アクセス
京都河原町駅から徒歩6分

同じテーマの
プロジェクト SIMILAR PROJECT