愛する地域と共感する事業で選ぶプロジェクト型兼業・プロボノweb

長野県

新ブランドのプロモーション業務担当者を募集!ご長寿県が生み出した超高機能/超高品質な靴下を信州長野を代表する名産品に!

  • 時計アイコン2週間前
  • 閲覧数アイコン263 view
新ブランドのプロモーション業務担当者を募集!ご長寿県が生み出した超高機能/超高品質な靴下を信州長野を代表する名産品に!

プロジェクトについて

※重要※
本プロジェクトは、長野市主催「NAGAKNOCK!(ナガノック)」(ながの起業家創出プログラムin東京2021)事業の一環で運営事務局のNPO法人ETIC.が募集およびコーディネートをしています。

応募前に必ず「NAGAKNOCK!」公式WEBサイトをご覧いただき、トップページの2分説明動画等をご覧ください。▷公式WEB: http://nagaknock.etic.or.jp/

説明会は参加必須になっております。日程は個別調整可能です。まずはお申込みください。

▷説明会申込:https://nagaknock.etic.or.jp/#entry

 

■ 私たちタイコーは、身体機能と運動機能を向上させるスポーツソックスを作っています

当社は、1949年長野市で、防寒靴下のメーカー、大興繊維工業(株)として創業しました。昭和56年、経営者交代にあたり、株式会社タイコーに社名変更。自社設備において完全一貫生産をし、高い技術を応用することで、足袋型ソックスやスポーツソックス、医療機器に分類されるニット製品など専門性の高い製品を生み出してきました。1998年長野オリンピック開催時期の1年前に、ニットメーカーとしては、当時世界初となる足の形状に合わせた、立体的かつ左右非対称の靴下を開発し、スポーツ靴下市場へ参入。身体機能と運動機能を向上させるハイパフォーマンスウエアを製造する大手メーカーのOEMスポーツソックスをはじめ、トップアスリートたちの機能の向上を靴下からサポートしています。また大手衣料メーカーが3Dニット等の製造で導入している、ホールガーメント編機(全自動で1本の編み糸から1着のニット服を丸ごと編み上げる技術)を導入し、靴下だけではなく、サポーターや手袋、タイツなどを開発し、生産しているアイテムは多岐にわたります。

■4代目社長 オリジナルブランドSYN:を立ち上げました!

私(神田一平 代表取締役社長)は、4代目として2015年に経営を引き継ぎ、「ただ継ぐだけでは面白くない。新しいアクションを起こそう」と靴下から生まれるアイディアを形にしてきました。その一つに、当社オリジナルブランドの立ち上げがあります。メイド・イン・ジャパンは世界に誇れる技術だと考えていましたが、世界で戦うには技術力だけでなく、ブランド力が重要だと考えました。自然が溢れる長野の清々しさを靴下を通して伝えたいと、「シン[SYN:]」を立ち上げました。
SYN: https://www.syn-project.com
長野はものづくりが盛んなので長野の他社ともコラボしながら、長野のものづくりや自然を表現していきたいと考えています。

プロジェクトが目指すこと

オリジナルブランド「SYN:」を信州長野を代表する名産品にしていきたいと考えています。立ち上げ時はデザイナー達と思いを込めて0→1を作り上げてきましたが、今は1→100にすること、つまり売り上げにつなげることが課題です。当社の売り上げの9割が現状OEMではありますが、今後は自社ブランド製品とOEMの2本柱にしていきたいです。「SYN:」は信州長野への想いを軸に、五感を満たす快適なライフスタイルを追求するプロジェクトで、世代問わず顧客開拓を積極的に行なっていく戦略でいます。

また、長野の土産物として「靴下」を選んでもらえるようにしたいです。長野の土産といえば、「おやき・野沢菜・お蕎麦・ワイン・ビール」など、飲料や食べ物がメインですが、丁寧な暮らしをしたい人や山登りをする人、体を大切に思いたい人が訪れるこの土地の土産として、当社の「靴下」はぴったりの商材です。長野県は男性が全国2位(81.75歳)、女性が全国1位(87.67歳)で、長生きな方が多い県ですので、そんなご長寿長野県から生まれた靴下には価値を感じてくれるはずです。

長野の名産として「SYN:」の靴下が老若男女問わず買い求められ、自然を感じながら暮らしが豊かになるような未来を描きたいと考えています。

SYN:ブランドイメージ

 

プロジェクトパートナー

代表取締役社長/神田 一平

当社は、靴下・サポーター・手袋などニット関連商品の企画開発・製造を行っているメーカーです。 「こういう製品があったらいいな」という要望を形にし続けることで、お客様からの信頼を得てきました。 「まずやってみよう」その気概をなによりも大切にしています。 自分の技術で実現したいことがある好奇心旺盛な方の挑戦を心より応援いたします。長野に移住したい方、大歓迎です!

募集要項

仕事内容
今、SYN:を担当しているのが社員1名で、「販路拡大」「プロモーション」「商品開発」「営業」などやることは山積しています。これまでの様々なポップアップショップ出展や販促イベント、展示会出展などを行なってきた結果について副業人材に共有しますので、客観的な視点で分析し、当社に刺激を与えてください!
副業人材には下記のようなステップで業務を行って頂くことを想定しています。

■STEP1
靴下の製造現場に1~5日間入り、事業理解を深めて頂く

■STEP2
マーケティング・プロモーション戦略
・これまでのSYN:の顧客層・販売先・イベント実績を共有、今後の方向性を決める
・半年後の目標設定(年内10店舗契約など具体的な数字目標を立てる)

■STEP3
プロモーション実務、営業実務
・県内外に発信するイベントの実施
・都内、長野県内の展示会への出店
※小売店やファッション業界の販路のイメージを既にお持ちの場合は、直接営業をしていただくことも可能です。

ブランドSYN:を立ち上げ以降、コロナ禍になってしまい、販促イベントや展示会に思うように出店できませんでした。今回の募集ではプロモーション実務業務を中心に募集しており、都内近郊にお住まいの方と協働できればプロモーション活動を盛んにできるのでは、と楽しみにしております。
副業人材の方がお持ちの得意分野やご都合に合わせて、2~3名と当社社員1名がチームを組んでチャレンジできたらと考えております。
期待する成果
・今回のプロジェクトチームで決めた目標の達成
・プロモーション(広報)の活発化
・都内でのイベント情報や出展情報のキャッチアップ
対象となる人
・商材プロモーション経験をお持ちの方
・高品質な日本のものを世界へ発信したい方
・ファッション関係で将来事業を起こしたい方
・将来長野に移住を考えている方
活動条件
【マッチングプロセス】
※重要※
本プロジェクトは、長野市主催「NAGAKNOCK!(ナガノック)」(ながの起業家創出プログラムin東京2021)事業の一環で運営事務局のNPO法人ETIC.が募集およびコーディネートをしています。

応募前に必ず「NAGAKNOCK!」公式WEBサイトをご覧いただき、トップページの2分説明動画等をご覧ください。
▷公式WEB:http://nagaknock.etic.or.jp/

Step1:勉強会(任意)および説明会(必須)への参加
地域課題・社会課題を解決する先輩起業家によるトークセッションなどの勉強会および「NAGAKNOCK!」事業と副業受け入れ企業による説明会を開催しております。
▷詳細・申込:http://nagaknock.etic.or.jp/
▼タイコー担当者が出席する説明会日時
7月15日(木)20:00-21:00
7月17日(土)13:00-14:00

Step2:書類選考
本副業プロジェクトに応募いただいた方にメールで書類フォーマットをお送りします。返信頂いた方から随時、書類選考を実施。(全員に合否はご連絡します)

Step3:事務局面談(Zoomを使用)
事務局ETIC.との面談を行います。

Step4:企業面接(Zoomを使用)
受入れ先企業との面接を行います。
必要に応じて、追加で最終面接がある場合もございます。

【活動期間】2021年9月〜2022年3月
【勤務スタイル】(必須)
・毎週一度のオンラインミーティング
 ※普段のコミュニケーションはMessengerやslack等のグループチャットツールを使用します。
・月1‐2回は1泊2日程度で現地に赴き、受け入れ企業経営者およびプロジェクトリーダーとの打ち合わせやプロジェクトの進捗に応じた現地活動(インタビュー、フィールドワーク、意見交換等)を実施します。
そのほかの勤務時間については企業の人材双方のやりとりで決定します。
【NAGA KNOCK!各種研修】
・現地フィールドワーク+ビジネスプラン作成合宿9月3日(金)〜9月5日(日)
・現地フィールドワーク 11月27日(土)~11月28日(日)
・ブラッシュアップ研修会の開催(オンライン)
 第1回 1月12日(水)18:00-21:00
 第2回 2月12日(土)13:00-16:00
※研修参加費として55,000円(税込)をお支払いいただきます
給与・待遇
業務委託契約:3~5万円程度(スキルやご経験により相談)
交通費:自己負担
活動場所
オンライン+長野市内
募集終了日
2021年08月31日(火)

担当地域パートナーからの推薦ポイント

NPO法人ETIC.(長野) 吉田かな子
あなたの手で地域の商品に光を当てることができるチャンスです!「横浜の焼売」のように、「長野の靴下」が定着するような動きが起こると面白いなと妄想しています。地域のPR会社を立ち上げたい!服飾関係で起業したい!など将来的に独立を考えている方とマッチングし、ここでの経験・実績を糧に長野で起業し、羽ばたいてほしいですね。お待ちしております^^
お問い合わせ先 : etic_nagano@furusatokengyo.jp
/050-1743-6743

団体の紹介

1949年長野市で、防寒靴下のメーカー、大興繊維工業(株)として創業。昭和56年、経営者交代にあたり、株式会社タイコーに社名変更。1998年長野オリンピック開催時期の1年前に、ニットメーカーとしては、当時世界初となる足の形状に合わせた、立体的かつ左右非対称の靴下を開発し、スポーツ靴下市場へ参入。
近年では、ホールガーメント編機を導入し、靴下だけではなく、サポーターや手袋、タイツなどを開発し、生産しているアイテムは多岐にわたる。

団体情報

団体名
株式会社タイコー
代表者名
代表取締役社長 神田一平
設立
1949年6月
従業員数
50名(内パート40名)
事業内容
靴下、サポーター、手袋などニット関連商品の企画開発
業種
製造業
WEB
https://www.taikojapan.jp
住所
長野県長野市下駒沢五反田793-14