愛する地域と共感する事業で選ぶプロジェクト型兼業・プロボノweb

【イベント開催レポ】「学生と仕事の掛け算ー時給じゃない仕事をする大学生活を考えるー」を開催しました!
学生兼業 活動レポvol.3

【イベント開催レポ】「学生と仕事の掛け算ー時給じゃない仕事をする大学生活を考えるー」を開催しました!<br>学生兼業 活動レポvol.3

2020年4月23日(木) に、
「学生と仕事の掛け算ー時給じゃない仕事をする大学生活を考える」をオンラインにて開催しました。

実際にNPO法人G-netにて学生兼業をしている須藤楽斗と桑原沙也加のセッションのほか、
参加者同士でのディスカッションも行い、全国から約30名の大学生の方々が参加するイベントとなりました。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございます!

 

今回のイベントでは、
「働く=就職・バイト」以外の選択肢を考える、をテーマに開催しました。
「アルバイトとの違い」「実際にどんなことをしているか」「特別なスキルは必要か否か」など、学生兼業の気になる部分を知れるイベントになったのではないでしょうか。

 

「学生兼業ってなに?」という方も多いと思いますので
当日のイベントの様子をこの場にてレポートしていきたいと思います!
(イベント後半はグループに分かれてのディスカッションでしたので、主に兼業経験者のセッションをご紹介しています)

 

|アルバイトと兼業の違いは?

まず、兼業について考えるにあたって、過去や現在のアルバイトと兼業(インターン)の違い、やりがいなどについてお話ししました。「自走できる」ことが求められるものの、やりたいことや自分が創っていくことができるのが兼業やインターンの良さなのかもしれません。


大学1〜2年生まではカラオケバイトをしていて、今もテニススクールでコーチのバイトをしている。
兼業(インターン )は、時給バイトよりも自分で考えて、できることが大きくなっていく。
やりたいことをやって、それが成果になる、という部分でアルバイトとのやりがいの違いがあると思う。


大学1年生の時から今まで、ずっと時給のバイトもしている。責任がない部分も多いので、楽に感じる。
兼業は、自分の時間を決めてやれること、自分がやれるだけ自分のやりたいことに近づくことができる。裁量を大きく持ってできる可能性が高い。
アルバイトも、「人を喜ばせる」というような意味では根本的には一緒かも。ただ、兼業だと0からゴールまで全てを見れるところは、やりがいになるかもしれない。

 

|兼業のリアル

2人とも、NPO法人G-netにて、兼業およびインターン をしています。
実際にどのような業務をしていて、なぜ始めたのか、そして現在はどのような感想を持っているかを話しました。


G-netのプログラムでは、主にイベント企画・集客の部分を担当している。
多様な働き方を知ってもらい、一緒に実践してもらいたいと思っている。
学びを求めてG-netに入ったが、「やっていて楽しい!」が一番大きい。


G-netには3月から参加したため、まだ確定していないが、関東圏の学生が実際に兼業する例を作ることを目標にしている。そのためのリサーチやヒアリングを今後重点的に行っていく予定。
兼業を始めようと思ったのは、自分の時間をもっと有効活用したかったから。
インターンだと就業時間が決まっていたり、出社の必要がある。でも、兼業なら土日や深夜の自分の空いている時間に稼働ができる。
「第二のふるさと」を求めてG-netに入った。今は、その想いの他に、フルリモートで仕事をすることも目標に加わった。

 

|これからのキャリアと兼業という働き方

次のトピックとなったのが、“大学卒業後のキャリアと兼業の関係性”“スキルの必要性”

大学生活も折り返し地点を迎えると、徐々にその先の人生のことを考える機会が増えてくるように思います。共通して、“複数の職を持つこと”“チャレンジすること”の大切さを話しました。


今まで、目の前の楽しそうなことに飛び込んできたため、そこまでキャリアや進路を考えて何かを選択したことはない。
ただ、一つの会社だけで働くのではなく、フリーランスや兼業のように複数のプロジェクトを持って働く生き方に興味を持っている。地元から岐阜に来ることで、様々な人に出会う機会を得て、とても充実しているため。
何かスキルがあるに越したことはない。でも、自分がそのプロジェクトに共感して、一緒に働きたいと思えるかどうかの方が重要だと思う。

コロナの影響なども見て思うのは、複数の収入源を持っていた方が色々な面で安心できる。
だから、1つ柱になる仕事と、空いた時間で兼業をするような生き方をしたい。
自分自身は、スキルや自信がないところから始めるところが多い。出来るかわからないけど、食らいついてみる、という姿勢の方が大事だと思う。

 

|学生の働き方も、もっと自由に!

今回参加してくださった方からは、
「兼業も選択肢のひとつ。バイトが全てではないし、もっと視野を広げて、自分のキャリアを考えた働き方を考えていきたい」
「もっと経験者の話を聞いてみたいし、兼業で受け入れてくれる企業がどんな会社なのか知りたい」
と、とても前向きな感想をいただきました。


実際に兼業先を探したい!という方には、こちらをおススメしています。
ふるさと兼業では、学
生兼業に興味を持っている大学生のための事前登録開始しました。
エントリーした方には、いち早く学生兼業OKのプロジェクト情報をお伝えするだけでなく
企業からのオファーがかかるチャンスもあります。

◆詳細はコチラから>>https://furusatokengyo.jp/project/kanto/tokyo/p2319/

また、今後も学生の多様な働き方をテーマにしたイベントを開催予定です。
次回のイベントは下記の通りです。お気軽にご参加ください!


学生と仕事の掛け算」 vol.4

日時:2020年5月21日(木)17:00-19:00
会場:zoom (※申込みいただいた方にURLを個別お送りします)
定員:30名
会費:無料
申込:https://gakusei-kengyo-4.peatix.com (※事前申込制です)