愛する地域と共感する事業で選ぶプロジェクト型兼業・プロボノweb

100年時代の”働く”と”採用”を考えるシンポジウム(無料) |ふるさと兼業

愛知県

100年時代の”働く”と”採用”を考えるシンポジウム(無料)

日時
2020年01月19日(日)
募集終了日
2020年01月19日(日)
開催場所
名城大学 ナゴヤドーム前キャンパス西館2F 社会連携ゾーンshake

このイベントについて

 

 

 

個人の働き方やキャリア観の変化。

次第に低くなって、曖昧になっていく企業の垣根。

地域の人口減少は進む中で、こうした変化をスタートに多様な働き方や多様な人材の活用に取り組む企業。

 

多様な人材の活躍は地域にどんな活力を創出するのでしょうか。

ゲスト、実践者、仕組みづくりに取組む多様なメンバーを迎え、会場の皆さんと共に考えていきたいです。

 

\\ こんな方におすすめ //

人材と地域企業をつなぐ支援にご関心のある方

多様な働き方を実践してみたい方、多様な働き方を自社に導入したい企業

 

\\ キーワード //

兼業等多様な働き方の推進、留学生や働く社会人など多様な人材活用の推進

関係人口の創出、中小企業のミギウデ人材確保

 

                                         

 <日時>
2020年1月19日(日)14:00~17:00

 <場所>
名城大学 ナゴヤドーム前キャンパス西館2F 社会連携ゾーンshake
https://www.meijo-u.ac.jp/about/campus/dome.html

<アクセス>
JR中央本線・名鉄瀬戸線「大曽根」駅下車 徒歩約10分
地下鉄名城線 「ナゴヤドーム前矢田」駅下車2番出口 徒歩約3分
ゆとりーとライン「ナゴヤドーム前矢田」駅から徒歩約5分

<主催> 
中部経済産業局

<運営> 
NPO法人G-net

<概要>

個人の働き方やキャリア観の変化を踏まえながら、多様な人材・多様な働き方が地域へもたらす活力とそれを生み出す取り組みについて考えます。
その他、今秋この地域でスタートしている多様な人材と共に事業を推進する企業・その実践者によるプロジェクトの中間報告も実施します。

<申込> 

下記申込フォームからお申込ください。定員は100名となっています。

https://peatix.com/event/1342888/view

 

<参加> 

無料 

多様な人材を活用した地域企業の事業推進事例

-実践企業と人材による進捗発表-

多様な人材と地域中小企業のプロジェクトマッチングイベント『新しい働き方会議2019』(2019/10/06実施済)でマッチングし、実際にプロジェクトをスタートしている企業と参画人材による進捗発表を行います。

話題提供「100年時代の”働く”と”採用”を考える」

-ゲストと共に考える―

個人の働く価値観変化とそうした現状の中で地域の中で起こっている変化をレビューし、
人材・地域・企業にとってメリットのある仕組み・取り組みを考えます。

分科会

-関心に分かれて考える―

4つの分科会に分かれて、当事者として果たすべき役割、取り組むべきポイントについて考えます。

-A:地域企業の多様な人材活用~全国から多様な人材が集まるプログラムとは~

-B:コミットメントシフト時代のキャリアデザイン

-C:多様な人材を地域の新たな活力とする~中間支援機関の取り組むべきポイント~

-D:地域とのシナジーある大手兼業解禁を考える

 

▼高山印刷 株式会社

サポーターと繋がれ!QRコードを活用した、サッカースタジアムハーフタイム売上アッププロジェクト

▼大東亜窯業 株式会社

生命をいただく食器から、いのちを育む器へ。老舗美濃焼メーカーが生み出す、新商品の販路開拓に挑戦

▼有限会社 伊藤鉉鋳工所

100年続くブランドへ!伝統産業「桑名鋳物」を地域ブランド「くわな鋳物」として魅力を創出し、発信したい。

分科会A:地域企業の多様な人材活用~全国から多様な人材が集まるプログラムとは~

▼佐藤 均さん  株式会社丸八テント商会 代表取締役社長 

▼横田幸史朗さん  トヨタケ工業株式会社  代表取締役社長 

▼生島史子さん  Man to Man 株式会社  グローバルマーケット開発部 


分科会B:コミットメントシフト時代のキャリアデザイン

▼古屋星斗さん  リクルートワークス研究所 研究員/一般社団法人スクール・トゥ・ワーク代表理事

2011年一橋大学大学院 社会学研究科総合社会科学専攻修了。同年、経済産業省に入省。産業人材政策、投資ファンド創設、福島の復興、「未来投資戦略」策定に携わり、教育の現場から、東北の仮設住宅まで駆け回る。2017年に退官し、リクルートワークス研究所に在籍。学生・若手社会人の就業行動や価値観の変化などを検証し、次世代のキャリア形成を研究する。高校生や大学生と対話型のキャリア教育を実践する、一般社団法人スクール・トゥ・ワーク代表理事も務める。

 

▼土井雄介さん  ONE JAPAN Tokai代表, 社内有志活動A-1 TOYOTA 共同発起人

2015年東京工業大学大学院卒業、某自動車メーカー入社。改善支援業務を経験した後、有志活動の成果が認められ、2018年より特命担当就任。役員付きとして、グループ共創風土醸成を目的に、5000人規模のカンファレンスを企画。全社公募制度で唯一2年連続、事業化採択案に選出。2020年から社内初ベンチャー出向をし、アルファドライブにて企業内新規事業支援を担当。有志活動ONE JAPAN Tokaiの代表を務め、東海地域から共創の風土を作れるよう、ONE JAPAN Hackathon、社内有志ビジネスモデルコンテスト等を立上げ、活動中。2019年、コラボレーション実行団体「ONE X」を立上、課題発見→課題解決の仕組みしくみづくりを推進中。

 


分科会C:多様な人材を地域の新たな活力とする~中間支援機関の取り組むべきポイント~

▼田鹿倫基さん 日南市マーケティング専門官

http://www.city.nichinan.lg.jp/

1984年生まれ、宮崎県出身。2009年宮崎大学教育文化学部を卒業後、株式会社リクルート事業開発室勤務。インターネット広告の新規事業の立ち上げや、㈱電通、東京工業大学との合弁会社ブログウォッチャーを兼務し位置情報と口コミを使った新サービスの立ち上げに携わる。その後、上海に本社を置く広告会社、爱德威广告上海有限公司(アドウェイズ中国法人)に転職し、中国人スタッフとともに北京事務所の立ち上げを行う。大手航空会社、大手旅行会社、衣料メーカーのなどプロモーションを担当。また、外国人観光客向けのWEBマーケティング事業の立ち上げ、観光庁や大手百貨店のWEBマーケティングを担った。2013年からは宮崎県日南市のマーケティング専門官として着任し、地域のマーケティング事業を行う。ベンチャー企業との協業事業や、自治体のブランディング活動。企業の誘致。起業家の育成・誘致。農林水産業の振興、地域の人口動態を踏まえた地方創生関連事業を行う。

 

▼園原麻友実さん  

一般社団法人サステナ 代表理事 
岐阜県移住定住コンシェルジュ
シェアカフェHYAKKEIマネージャー

一般社団法人サステナを立ち上げ、岐阜県、恵那市、中津川市等と連携し都市部や恵那において移住定住・交流を促進する企画や相談業務など実施。移住後のスモールビジネス立ち上げサポート、コーディネート等を行っている。

 

▼秋田大介さん 

神戸市企画調整局つなぐ課特命課長(本業)
NPO法人須磨ユニバーサルビーチプロジェクト副理事長(副業①)
一般社団法人078教育事業部研究員(副業②)

主に都市計画の部門に携わる土木系技術職員。神戸のまちづくりにおいて、多くの人を巻き込みながらまちの将来像を描いている。行政と事業者・市民をつなぐ活動をライフスタイルとしており、数々の市民プロジェクトのサポートを行っている。
 
関わったプロジェクトは、ミント神戸バスターミナル、阪神三宮駅東口整備、都心三宮再整備(都心の将来ビジョン策定)、1000 SMiLE Project(プロモーション)など。公務員っぽくない思考・行動、ストリートダンサーという経歴から「変態公務員」や「踊る公務員」の愛称で呼ばれる。

 


分科会D:地域とのシナジーある大手兼業解禁を考える

▼笹野正広さん ロート製薬株式会社 

1976年生まれ。大阪市平野区出身。1998年ロート製薬株式会社入社。主に商品企画~メディア、プロモーション業務のマーケティング分野に長年従事。2014年から新規事業を担当し、奈良県宇陀市で子会社で有機農法による野菜の生産や加工品開発を行う農業法人を設立。地方の活性化はこれからの日本の未来において非常に大きな課題と考え、2015年奈良県と包括協定締結。民間企業だけでは到達できなかった新しい産業や未来づくりを行政と一緒に取り組み始めている。2015年6月からロート製薬で食と農の事業に取り組む、アグリファーム事業部所属。

 

▼黒田健太郎さん パナソニック株式会社 リクルート&キャリアクリエイトセンター

採用企画部 戦略企画課2012年、パナソニックに入社。4年間、エンジニアを担当した後、本社経営企画部に異動。社長や経営幹部の意思決定サポート業務に従事。
「社内複業・留職制度」の制度企画に携わり、自身も制度利用。現在は複業先にそのまま社内異動し、20年1月から全社採用を担当。
社内ナレッジコミュニティ「まつしたむらじゅく」の企画・運営や、大学への講義企画やメンター参画、ソフトバンクacademia10期生など、土日もふんだんに”活動”に使用した結果、家庭の危機に直面中。

 

▼太谷成秀さん  ONE X, O-Den, 営業コンテストS1グランプリ

2014年某通信会社に入社。入社後新潟の長岡支店コンサル営業担当に配属され、入社3年目に最年少で「コンサル営業全国1位/2000人中」になる。現在は都内の私立大学と協力しより質の高い学びの実現に向けて、AIビジネスコンサルタントとして従事している。また、社外活動として2018年に有志団体O-Den20sを立ち上げる。

2019年2月にONEJAPANに所属する若手を中心としたONEXを立ち上げ、NPO法人Gnet(ふるさと兼業)や某大学、自治体と連携し「共創×実行により、本業(学業)とは異なる環境で個がアップデートし、地域の課題解決を実現するプラットフォームづくり」に奔走している。

 

14:00~14:20 オープニング

14:20~15:10 多様な人材を活用した地域企業の事業推進事例

15:10~15:20 休憩

15:20~15:40  話題提供「100年時代の“働く”と“採用”を考える」

15:40~16:40 分科会

16:40~16:50 アンケート記入

16:50~17:00 クロージング

 

NPO法人G-net(担当:南田、錦見)
MAIL:info@furusatokengyo.jp
TEL :058-263-2162
URL :https://gifist.net
Office(TEL)058-263-2162、(FAX)058-263-2164
〒500-8844 岐阜市吉野町6-2 ブラザービル2F(JR岐阜駅徒歩3分)

※本事業はNPO法人G-netが中部経済産業局「平成31年度中部地域における地域中小企業・小規模事業者の人材確保支援等事業(次世代コア人材)」の委託を受けて実施をしています。

同じテーマのイベント